老兵の独り言

八尾市をはじめとする全国での左翼情報チェックと真正保守の陣営拡大を願っています。 国連をはじめとする人権条約を基礎とする国内法の点検と法破棄運動も行っています。

CalendArchive

日本の時間

転職サイト『しごとナビ』
キャラクター【ナビちゃん】

プロフィール

老兵

Author:老兵
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

お勧め書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

フリーエリア

フリーエリア

FC2カウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

FC2カウンター

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

かの国で五輪を開催したのが誤りでした。
いつまでも語り継がれるであろう。



「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」 より転載です。
    平成20年(2008年)8月7日(木曜日)

 いよいよ明日、北京五輪は準戦争状態で開幕
  民を防衛体制の先兵に配置して、北京政府の思惑は奈辺に有りや
****************************************

北京オリンピック、別の視点で観戦したい。

(1)戦争状態として見ると各地の警備態勢は「内乱対応型」ではないか?
 各地の厳戒態勢の中味は、ボランティアという「民防」「自警団」の再組織化に成功している。
 競技会周辺の警官は荷物を開けさせる権利を付与されている。過剰防衛という声は庶民からは上がらず、外国メディアが異常を伝えるのみ。
 主要な競技会会場周辺ではX線検査と、ボディチェックがある。ライター、液体、横断幕などが回収される。これはひょっとして未来に予想される少数民族の反乱、内乱のための予行演習?

(2)民間の情報協力態勢も敷かれた
瀋陽ではタクシー運転手に「重要治安情報を提供すれば、最高50万元(約750万円)の報奨金」制度が通告された。
市内だけで2万台もあるタクシー(瀋陽は700万都市)が、いきなり“パトカー”に早変わり(しかし以前からタクシーは密告制度を強要されており、北京では多くのタクシーに録音機が内蔵されているとの情報もある。合肥などのタクシーも半分は公安と連絡があるという話を聞いた)。

(3)監視カメラはオーエル『1984年』を思い出させる
 北京市内で新設された防犯カメラ、実に22万台(合計30万台という)。 北京のみならず上海も青島も公共の路線バスには制服警官のほかに私服も乗り込む措置が取られている。
 以前から目的地によって乗客全員をヴィデオ撮影していた(とくに深セン向けの長距離バスに乗ると身分証明書の提示も求められた。今回は北京へ向かう長距離バスの全てで実行された)。

(4)学徒動員態勢も組めた
北京市内のボランティアは10万人とも22万人ともいう。
空港だけでも2200人の大学生ボランティアがいる。これは「学徒動員」さながらである。週刊朝日(8月15日号)でも小生は指摘しておいたが、空港のボランティアはヒンズー語、アラブ語など語学研修の学生が主体で空港内で外国人の案内役を買って出ている。
会場周辺も殆どが学生のボランティアで成り立っているが、ちょうど夏休み故に、この態勢が組めた。
また青藻異常発生の青島では徐去作業に軍、市職員のほか、地元大学に通う大学生一万余を動員した。

(5)ホテルに電流を流し、予防戦争のごとし
サッカー会場の上海の「上海体育場」と隣接のホテル「華亭賓館」はフェンスで囲まれ、「電流注意」の表示。ほかのホテルも警備員のほうが客数より多いところがある。
 上海体育場の敷地内には公園もあり、レストランもあるが、一般の立ち入りが禁止され、武装警察が50メートルおきに立つ。これだけで1万5000人の軍隊が配置されている。サッカーは警察国家のもとで行われる。一番警戒を要するからだ。
老舗ホテル「華亭賓館」は五輪関係者用だけしか宿泊出来ない。
 地下鉄駅では検査。路線バス計1600台には監視カメラが設置、下水道もカメラによる監視体制が敷かれる。
げんに上海では5月、通勤ラッシュの路線バスで可燃物が炎上、3人が死亡、12人が負傷した。7月にはナイフ男が警察署を襲撃、警官ら11人を殺傷する事件が起きた。

(6)人釘人(レンティンレン)の五人組監視制度が復活?
 人釘人という懐かしいフレーズ、文革の時に毛沢東は五人組制度を強要し、密告させて連帯責任を取らせた。
 いま北京、上海などの胡同では住民がさながら「自警団」。大きな赤い「治安巡回」という腕章を蒔いている。余所者を極力排除し、外部からの闖入も目を光らせている。
 直訴村にいた多省からの貧困層を強制的に北京から追い出した。

(7)戦争は「農村から都市へ!」と毛沢東は呼号した
 70年代までの革命路線輸出時代には『都市ゲリラ』が合い言葉だった。
 その都市ゲリラ対策を、毛沢東の後継政権が腐心するようになるとは、歴史のイロニーである。

 以上のような視点から北京五輪を観察するのも一興。
     ◎ ◎ ◎
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
読者よりの以下の案内もご紹介します。

北京虐殺五輪反対国民大集会
日時 平成20年8月8日(金)午後6時30分〜8時30分
場所 代々木公園野外ステージ (代々木公園B地区 下記地図参照) 
http://www.kensetsu.metro.tokyo.jp/toubuk/yoyogi/kouenannai.html
交通手段:JR山手線「原宿駅」表参道改札下車徒歩5分
       地下鉄千代田線「明冶神宮前」2番出口徒歩5分
会費 無料
主催 8・8北京虐殺五輪反対国民大集会実行委員会
    実行委員長 殿岡昭郎 事務局長 村田春樹



文面は簡単な「一行抗議」で結構です。なるべく多くぶつけましょう!お知り合いにも声をかけてくだされば幸甚です。

中華人民共和国在日本国大使館・公使連絡先(大使館ウェブより)
宛先:中華人民共和国大使館御中または大使崔天凱殿
TEL:03-3403-3388内線8506
FAX:03-3403-3381
<文例>
・チベット人の血にまみれた国威発揚の祭典北京五輪の強行に抗議する
・チベット・ウイグル・モンゴル・台湾を侵略する中国の覇権主義を五輪で糊塗するな
・言論の自由、人権の保障のない共産中国に五輪開催の資格なし
・中国は五輪を強行するより周辺民族の主権と国民の人権を保障せよ
・東京五輪開会式に核実験をぶつけた共産中国の祭典など祝えるか
等々

日本オリンピック委員会
宛先:財団法人日本オリンピック委員会会長・竹田恆和殿
TEL:03-3481-2233内線8506
FAX:03-3481-0977
<文例>
・チベット人の民族自決権と人権抑圧の上に成り立つ北京五輪への参加強行を抗議する
・自由と人権を圧殺する共産独裁政権に加担する日本オリンピック委員会に抗議する
・スポーツだけで人道や国益も考えず北京五輪に参加する日本オリンピック委員会に抗議する
・日本選手団を血塗られた虐殺の祭典、危険な北京五輪から至急帰国させよ
等々
個人情報を流出させたくない方は必ずコンビニのファックスや公衆電話をご利用ください。
              
スポンサーサイト

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

Copyright ©老兵の独り言. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。