老兵の独り言

八尾市をはじめとする全国での左翼情報チェックと真正保守の陣営拡大を願っています。 国連をはじめとする人権条約を基礎とする国内法の点検と法破棄運動も行っています。

CalendArchive

日本の時間

転職サイト『しごとナビ』
キャラクター【ナビちゃん】

プロフィール

老兵

Author:老兵
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

お勧め書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

フリーエリア

フリーエリア

FC2カウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

FC2カウンター

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

「中国人は台湾人の不倶戴天の敵である。」と語るのは、アメリカ在住の台湾独立派の闘士
である。

中国人に心まで侵食されていく台湾人。
中国人が政治の中心にいる限り、台湾の独立はありえない。
チャン氏の言葉を傾聴しよう。


【論説】台湾人総統の断罪
           アンディ チャン

8月14日、陳水扁が記者会見で、1994年から2004
年まで、二回の市長選挙と二回の総統選挙の選挙費用を虚偽申告し、呉
淑珍夫人が余った資金の一部を海外口座に不正送金したことを認め、台
湾国民に対して謝罪した。続いて翌日の8月15日午後、陳前総統は事
務所を通じて陳水扁氏および呉淑珍夫人が民主進歩党(民進党)を離党
する声明を発表した。

罪万死に値すとはこのことである。いくら謝罪しても弁解しても償える
ものではない。

●恥さらしの「台湾の子」

記者会見で陳水扁が述べたことは、送金は彼の知らない間に呉淑珍夫人
がやったこと、不正送金は他の人もやっている、宋楚瑜の興票案では3
億4千万をアメリカに送金した、李登輝も新瑞都案で10億を送金した、
馬英九や蕭万長も選挙資金の申告に不明な点があるというのだ。

だがいくら他人のことをあげて弁解しても自分の罪状を補うことは出来
ない。台湾人は国民党、蒋系中国人のあまりにもひどい独裁と汚職に不
満で民進党を結成し、陳水扁は「台湾の子」と呼ばれる、清新で正直な
イメージと期待を受けて選出され、市長、総統を勤めたのである。

中国人は台湾を食い物にし、独裁と汚職の限りを尽した。台湾人は中国
人の「黒金」(つまり暗黒政治と金銭汚職)に反対してクリーンな政党と
政治家に大いなる期待をかけたのである。それなのに陳水扁は1994年ご
ろから人民を裏切っていたのだ。

台湾人は中国人と違う、正直で法を守る、だから悪い中国人に搾取され
たのだと皆が思っていた。正直と法の遵守が台湾人の誇りだった。それ
のに、われわれが選出したホープがシナ人と同じ違法で不道徳な奴だと
わかった、やり場のない失望と怒りの無念さである。

●弁解無用、道義上の責任

選挙資金の不正申告は大罪ではない、金を外国に送金することも違法と
はいえないが、脱税の目的または違法な金を外国に送金して証拠を隠滅
する(例えば宋楚瑜の興票案は国民党の金を横領した罪である)のは大
罪である。陳水扁の選挙資金の剰余は疑わしいところもあるが、選挙資
金の残りは誰にでもあるもので軽犯罪である。

問題は違法送金が本当に選挙の剰余だけか、或いは他の不正な収入なの
かということで、この追求はこれから厳しく査問されていくことだから
ここでは討論しない。

台湾人が憤慨しているのは道徳上の問題で、(1)台湾人の献金を横領し
て私有化した、(2)妻に責任を負わせて自分は知らなかったと言う責任
逃れ、(3)李登輝その他の政治家がやったから自分がやったと言う弁解
である。人民を騙した罪、他人のせいにする、あるいは他人を同罪に巻
き込むような態度は卑怯としかいいようがない。

台湾人は悪いやつをシナ人と呼んで軽蔑していた。台湾人はシナ人では
ない、それが台湾人の誇りだったのだ。われわれは中国人と違う国を目
指して独立建国に励んできたのである。それなのに、清く正しい国を創
るはずのリーダーが「シナ人と同じ汚いことをやっていた」のが我慢な
らないのだ。

●民進党の改革

このスキャンダルで最も大きな被害を受けたのは台湾人だが、民進党員
も大きなショックだったに違いない。陳水扁の記者会見のあと、直ちに
轟々たる批判、失望と憤怒の声が渦巻いた。

民進党は選挙に負けて士気が落ち込み、新党首は党の建て直しに苦心し
ている。しかし、党幹部と党首・蔡英文が同意して民進党を離脱した許
信良の9年ぶりの復帰を許可したため批判が起きた。其処へ陳水扁のス
キャンダルである。

許信良は嘗て二回も民進党の党首を務めた男だが、国民党の連戦の金を
受取ったことがわかって党幹部の林義雄がテレビで二度も「許信良、連
戦の金を受取るな!」と叫び、批判されて仕方なく離党したのである。
国民党の不義の金を受取って国民党寄りになり、長年の間中国寄りの発
言をしていた許信良の復党を許すのは民進党のメンツを汚すものでしか
ない。

陳水扁といい許信良といい、如何なる理由があっても除名しなければな
らないのである。それが出来ない民進党は存在の意義がない。民進党は
大改革しなければ解散すべきである。このスキャンダルを契機にして、
民進党党員だけでなく全台湾人がこれまで信じていたことを反省し、醜
悪な中国人、醜悪な台湾人を追放することを真剣に検討すべきである。

●「台湾人総統」断罪計画

いまは陳水扁に対する非難の声が高すぎて民衆は冷静に物事を考えなく
なっているが、ここで指摘しなければならないのは、なぜこの案が発覚
したのかと言うことである。

新聞の発表によるとスイス銀行が陳水扁の嫁・黃睿?の口座にある金の
来源がおかしいから調査した、そしてこの口座を凍結してから台湾の外
交部に調査の援助を求めたと言うのである。これはおかしい。

新聞の発表では、シンガポールにあるクレディ・スイス銀行の黃睿?の口
座からスイスのメリル・リンチ銀行に送金した金について調査を始め、
黃睿?と言う人物が陳水扁の家族であると判明したからマネーローンダ
リングの嫌疑で口座を凍結し、台湾に通知したという。

でも、スイスの銀行がシンガポールの黃睿?と言う女性が台湾の陳水扁
の嫁であるとわかったのは「誰かの指図」による以外に可能性がないの
である。実情は「台湾にいる不明人物」が台湾の銀行から送金した陳水
扁家族の名前を調べ、シンガポール、スイスと追跡していったのだろう。

つまり「台湾人が総統となった恨みを中国人は忘れない」から、馬英九
が政権を取り戻した後は直ちに「何が何でも陳水扁を罪に落せ」と言う
指令がでて、それで陳水扁家族の金の出入記録を調べたのだろう。

陳水扁を罪に陥れるために陳一家の銀行帳簿を調べ、台湾から送金した
シンガポール、シンガポールからスイスまでの金の流通経路を調べ上げ、
しかもその経緯を書かず、スイス銀行から台湾の外交部に「怪しいマネ
ーローンダリングの口座を凍結した」と言わせ、陳水扁を罪に落とした
結果、全台湾人が大打撃を蒙った。この陰謀を民衆は詳しく知らなくて
はならない。しかも陳水扁の断罪をしているのは台湾人なのだ。

同じスイスの銀行でも、ラファイエット事件の大立者、?柏村や汪伝浦
(Andrew Wang)、連戦、宋楚瑜などがスイス銀行に設置した口座の調査
は、台湾から調査を依頼しても進捗しないのである。スイスの法廷が台
湾の法廷に送ってきた汪伝浦(Andrew Wang)の資料の「原本」が二年後
に「紛失した」でウヤムヤになっているのである。蒋系中国人の恐ろし
さ、台湾人の不甲斐なさをマザマザと見せ付けられる事件である。

陳水扁の不正蓄財は個人の2千万ドルだが、?柏村と汪伝浦(Andrew
Wang)のラファイエット事件軍艦汚職はフランスからの軍艦購買に際し
て13億ドルが消えた、つまり26倍の桁違いの金額である。国費を横領
して中国の高官フランス高官にも分け前を与え、軍艦に搭載すべき武器
を中国に引き渡した、この罪は陳水扁の罪とはちがい、反逆罪と通敵罪、
汚職、そして台湾とフランスにおける合計20人以上の証人の不審死を馬
英九政権は不問に附しているのだ。

●不倶戴天の敵

中国人は台湾人を敵と思い、奴隷と蔑視する、だから8年も政権を握っ
ていた陳水扁は絶対に許さない。彼のほかに前政権の官僚も逐次罪に陥
れる計画が出来上がっている。

もちろん陳水扁の犯した罪は、それが道徳上の罪、軽犯罪であっても許
されるべきではないが、台湾人がこの事件からシッカリ学ばねばならな
いことは「中国人は台湾人の不倶戴天の敵」と言う事実である。

台湾の民衆は新聞のスキャンダルの踊らされて真相が見えないようだが、
事件が少し収まれば目が醒めるかもしれない。中国人は台湾人の不倶戴
天の敵である。中国人が居る限り台湾人が政治に介入することはできな
いし、独立運動も只のガス抜きに終わってしまう。

陳水扁の罪は許されないが、中国人の陰謀に気付くべきである。蒋系中
国人が居る限り台湾人の「出頭天(世に出ること)」はありえない。この
ことを全台湾人にわからせるべきである。陳水扁の罪は消えないけれど、
このエネルギーを中国人に向けるべき、その運動を開始するのは今をお
いてない。

スポンサーサイト

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

Copyright ©老兵の独り言. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。