老兵の独り言

八尾市をはじめとする全国での左翼情報チェックと真正保守の陣営拡大を願っています。 国連をはじめとする人権条約を基礎とする国内法の点検と法破棄運動も行っています。

CalendArchive

日本の時間

転職サイト『しごとナビ』
キャラクター【ナビちゃん】

プロフィール

老兵

Author:老兵
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

お勧め書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

フリーエリア

フリーエリア

FC2カウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

FC2カウンター

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

台湾国の新駐日大使に「日本が台湾にとって重要な国家」であることを教えることが何よりも大事。
馬政権への迎合からは、日本自滅の道しか存在しない。

台湾問題での鋭い見解を表明され、実践されている永山先生のご見解を、ブログより転載しました。


【論説】台湾の新駐日大使が決まる―懸念される日台関係の後退


           永山英樹

ブログでは関連写真も↓
http://mamoretaiwan.blog100.fc2.com/blog-entry-476.html

台湾の駐日代表は駐日大使に相当する。「大使」であり得ないのは日台間に外交
関係がないため。だからと言ってその役割が小さいはずがない。なぜなら日台に
とり両国関係はきわめて重大だからだ。

一九九六年、台湾人の李登輝氏が台湾国民による初の直接選挙を通じて総統に就
任し、台湾がすでに「中国国民党の台湾」から「台湾人の台湾」へ移行している
ことを世界に知らしめたが、その直後に駐日代表に就任したのが荘銘耀氏だった
。台湾人として初めて海軍総司令にまで上り詰めた人物でもあり、そのこともま
た「台湾人の台湾」を日本人に強く印象付けた。日本時代に生まれ育ち、旧制高
雄中学に在学中に終戦を迎えた完璧な知日家だった。

そしてこの駐日代表のおかげで台湾海軍と海上自衛隊との将官交流(日本側は退
役将官)が活発化したそうだ。そしてその結果であろう、二〇〇四年に行われた
台湾の掃海演習には日本の退役将官がオブザーバーとして参加し、日本の訓練実
施要領が導入されてもいる。

このように一般国民にはほとんど知られていないが、台湾海軍と海自は友好的な
関係にあり、実に頼もしいことだ。ちなみに両者間では、尖閣海域へはそれぞれ
軍艦を派遣するような事態は避けるとの合意もできているらしい。

二〇〇〇年五月から〇八年五月までの民進党政権時代には、羅福全氏と許世楷氏
の二人が前後して駐日代表を務めた。両氏は学者で、日本留学中に台湾独立運動
に従事し、民主化時代以前は国民党のブラックリストに載って帰国できず、日本
での生活を余儀なくされていた人たちだから、もちろん日本と日本人を知り尽く
していた。

二人は在任中、「台湾人の台湾」の存在を懸命にアピールした。そしてその結果
、日本政府は日台交流の重要性により重視するようになった。また彼らの努力や
人柄を通じ、日本人は政治家から民間に至るまで、多くが台湾および台湾人を理
解し、好意を寄せるようになった。この二人の在任中が、日台関係の最も良好な
時期だったと評されている。

その後、二〇〇八年五月、国民党が政権を奪還した。しかし新任の駐日代表が決
まらず、許世楷氏が暫時留任したものの、そこへ尖閣海域で台湾船の沈没事故が
発生し、在台中国人が主導する国民党政権は反日を煽動した。劉兆玄行政院長(
首相)は「最後の最後は開戦も排除せず」とまで公言した。日台関係を守るため
、事態の収拾に奔走した許世楷氏は、日本に与する裏切り者として非難され、憤
って駐日代表を辞めた。

同政権は尖閣海域への軍艦派遣を決めた(後に中止)。海自ではこれを合意違反
とし、台湾側に不信感が抱かれていると言う。

台湾紙自由時報(八月二十一日)によるとこの反日騒動により、せっかく進めら
れていた日台の将官交流の制度化も、日本側の意向で無期限停止になったそうだ


このような情勢の中で八月十九日、ようやく新しい駐日代表に馮寄台氏が内定し
た。今年六十二歳の馮寄台氏は元駐ドミニカ大使。国民党籍の在台中国人で、外
交官引退後は総統選挙で馬英九陣営の国際事務部門におけるブレーンとして活躍
。外交官だった父親に伴い来日し、日本の小・中学校に通った経験を持つ。

この人事について歐鴻鍊外交部長(外相)は二十一日、「人選で最も考慮
したのはは馮氏が馬総統の信任を完全に得ていること。そして日本で学んだこと
があり日本語は確かであることだ。すぐに日本との人脈を作ることになるだろう
」と語っているが、民進党の国会議員たちがこれに噛み付いた。

「馮氏は馬総統の信任が厚いが、駐日代表への任命は慰労の意味合いが強い」(
潘孟安・立法院党団副幹事長)

「これはもちろん慰労のため。小中学校での勉強が日本経験を代表できるなら、
多くの人が条件に合っている。駐日代表をなかなか決められなかったのは日本側
が馬政府に不信感を持っているから。劉兆源が『一戦を惜しまず』といった問題
は今でも引きずられている」(柯建銘・党団総召集人)

「日米との関係は台湾には最重要。馮氏は日本語はできても、日本にはまったく
人脈がない。羅福全氏や許世楷氏のように日本の政局を正確に掌握することは望
みようがない。対日関係の後退が心配だ」(蔡煌瑯・外交国防委員)

「馮氏は小中学校を日本で学んでいても、対日外交に触れたことはなく、対日関
係もあまり理解していない。もしよりよい台日関係を馬総統が建立しようと言う
なら、適切な人選とは言えない」(邱議瑩)

馮寄台氏が日本で発揮できる力は未知数だが、ここまで聞かされると、日本人と
してはやはり不安になる。

劉兆玄行政院長は二十日、日本の駐台大使に当たる斉藤正樹・交流協会台北事務
局長と会見し、「両岸関係が改善されれば東アジア地区には平和が到来し、我が
国と日本との関係も更に密接になるだろう。双方の企業が協力して大陸(中国)
で商機を開拓できれば一石三鳥だ」と語っているが、これら在台中国人の頭には
「両岸関係の改善」しかないのか。

それは「中国の言いなりになろう。中国を怒らせなければ平和が来る。日台関係
の発展は、それからの話だ」と言っているに等しいが、どんなに台湾が中国に妥
協しようと、その国の台湾や日本を視野にした軍拡が停止するわけがない。

中国の迫り来る脅威の前で、台湾は日本とは一蓮托生の関係にあることを強調し
てきたこれまでの駐日代表の努力を、在台中国人たちは水の泡にしようと言うの
か。

歴代駐日代表は日本人に台湾の重要性を教えてくれた。今度は日本人が新しい駐
日代表を通じ、台湾側に日本の重要性を訴える番ではないだろうか。「日台関係
の強化は、日台両国生存の支柱だ」と。

両国関係の良好な発展を祈る。
スポンサーサイト

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

Copyright ©老兵の独り言. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。