老兵の独り言

八尾市をはじめとする全国での左翼情報チェックと真正保守の陣営拡大を願っています。 国連をはじめとする人権条約を基礎とする国内法の点検と法破棄運動も行っています。

CalendArchive

日本の時間

転職サイト『しごとナビ』
キャラクター【ナビちゃん】

プロフィール

老兵

Author:老兵
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

お勧め書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

フリーエリア

フリーエリア

FC2カウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

FC2カウンター

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

「日本人の恥」
「台湾人の恥」と言う道徳的水準が存在すると言う。
「中国人の恥」と言う言葉は存在しないから聴かない。

「台湾の声」より転載しています。



【論説】国民性と「恥」の文化


             アンディ チャン

「日本人の恥だ」と言う言葉がある。その人の人格を否定する言葉である。日
本人だって破廉恥なことをやるはずだが、殊に外国における日本人にとっ
て日本人の恥という一種の道徳的水準が存在する。

「台湾人の恥だ」と言う言葉はあるが、あまり聞かない。今回の陳水扁事件で
はこれが聞こえた。しかし「中国人の恥だ」と言うのはない。中国人は恥を個
人的なものとすり替えてしまうから、「中国人の恥」はない。

オリンピックの口パク事件、花火ショーの偽造事件、年齢詐称などを「中国人
の恥だ」という中国人はいなかった。つまり中国人は国の恥でも個人責任、
他人事として矮小化してしまうのである。

●陳水扁事件は道徳の罪

台湾人には恥の水準はあっても普遍的なものではないらしい。陳水扁の違
法蓄財は軽犯罪だが、人民の期待に背いた罪、人民を騙した罪がある。人
民が台湾のために選挙資金を献金した、その金を選挙に使わないで国外
に移したから怒っているのだ。

国民党メディアが陳水扁を断罪しているのは個人の献金ではなく、政府の
金を横領した「嫌疑」である。国民党は何が何でも陳水扁を監獄に入れた
い、「台湾人が中国人の国である中華民国の総統になった」、中国人にとっ
てはこれが陳水扁の罪なのである。

選挙で余った金を海外の銀行口座に入れたのは犯罪ではない。正式に送
金出来るのである。台湾では海外の銀行に口座を持っている人はたくさん
いるし、海外に送金することもかなり自由だった。80年代は海外送金に一定
額があったが、90年代になると経済が自由化されて多くの人は海外に財産
を移す様になった。また、中国投資などで送金する必要もあったから正式に
為替を組むことが出来たのである。

違法送金とはマネーローンダリングのことで、正式に銀行を通じて送金しな
いことを指す。2000年代になって宋楚瑜の違法送金などいろいろな事件が
起きてから政府は再び海外送金に厳格な検査をするようになり、多くの金持
ちは政府の検査を避けるため違法ルートを頼るようになった。

●違法送金は中国人の特技である

台湾では竹聯幇と言う犯罪組織が大っぴらに違法送金をやっているから、
調査するなら国民党の大物がやったボロがいくらでもでてくるはずだ。竹聯
幇は中国だけでなく、ベトナム、日本、アメリカその他の国家でも「信用のあ
る換金事業」をやっているという。竹聯幇は国民党の裏の政府とも言える。

中国に投資している台湾人は殆どみんな竹聯幇の「お世話」になっていると
いう。台湾から中国に送金することは許されているが、持ち出しは禁止され
ている。だから中国で儲けた金を台湾に送るのは竹聯幇に頼る。竹聯幇は
中国の官僚とグルになって、かなり平気で人民元を台湾元にして手数料を
稼ぐ。中国で入金すれば数日後に台湾で受取ることが出来る。噂によると日
本企業でも竹聯幇のお世話になっているものが多いという。

陳水扁の違法送金をしらべるなら竹聯幇の違法組織も調査しなければなら
ない。台湾の大企業が中国で違法な金の出し入れをやっていることも調査
せねばならない。それをやらないで陳水扁だけ検挙するのは、この事件が
国民党の陰謀であると言う証拠である。

●陳水扁は「裏切り者の罪」

私の意見では、陳水扁の罪は道徳上の罪で、「李登輝も過去に違法送金を
やった。証拠がたくさんある」と公開場面で述べたことである。これは非常識
で卑劣な行いであり、正に「台湾人の恥」である。

第一に、国民党の検察官が検挙したのは陳水扁の違法蓄財であり、李登輝
の検挙ではない。李登輝を検挙したところで陳水扁の罪は軽くならない。第
二に、国民党は過去八年間に何度も李登輝を調べたが、証拠が挙がらなか
った。第三に、李登輝を検挙しても台湾人が分裂するだけ、蒋系中国人が
喜ぶだけで、陳水扁にも台湾人にも利がない、つまり百害あって一利なしで
ある。

馬英九、?柏村、連戦など、国外に送金した証拠がハッキリしている国民党
の大物を検挙すれば検察も慌てて手を引くかもしれないが、李登輝を検挙
すれば「台湾人の同士討ち」で、国民党が喜ぶ。これこそ国民党が狙ってい
た台湾人の分裂の陰謀である。

もちろん台湾には李登輝嫌いがいて、李登輝を検挙すれば溜飲を下げる、
つまり個人的な感情で李登輝を断罪する人もいる。陳水扁もその一人だが、
それだからとて検察官やメディアが陳水扁を許すことはない。

李登輝も同じことをやったと言えば、世間は陳水扁を「裏切り者」、「密告者
(台湾語で報馬仔という)」、と呼んで軽蔑するだけである。台湾人を密告す
れば台湾人が分裂する、これこそ国民党の思う壺、喜ぶのは蒋系中国人だ
けである。

陳水扁は自分の違法蓄財を検挙されたのは、国民党が仕組んだ陰謀であ
ると言うことがわかっていない。自分が検挙されたから慌てて同胞を検挙し
ても自分の罪が消えることはない。陳水扁はむしろ、自分の名誉が傷つい
たから、憎らしい李登輝の名誉も傷つけてやると言う卑劣な魂胆なのだ。

●陳水扁の「シナ人根性」

陳水扁断罪は国民党の陰謀だが、法を犯したのなら法が裁くべきであり、同
じような違法送金をした国民党の要員も検挙して調査しなければならない。
台湾の司法は国民党の言いなりで公平とはいえないが、司法裁判は別とし
て、陳水扁の犯した「同胞を裏切る言動」は人民が糾弾せねばならない。こ
れは台湾人の恥である。

なぜ陳水扁はこのような卑劣なことをしたのか?結論を言えば陳水扁は「シ
ナ人」であり、台湾人ではないからだ。

台湾人の大部分は「自分は断じてシナ人ではない」と思っている。だから陳
水扁の言動は許されない。シナ人、チャンコロ(清国奴)は台湾では最大の
侮蔑だが、陳水扁には台湾人としての矜持、誇りがない。

つまり彼はこれまで李登輝と共に「二人の台湾人のホープ、指導者」だった
が、検挙されて残るホープは李登輝となる。自分が台湾人の恥と罵られるの
は仕方ないとしても憎らしい李登輝が残るのは我慢できないのである。

他人も同罪に引きずり込む、まさに中国人のやることで、男の風上に置けな
い野郎、最低だ。陳水扁は台湾人と中国人の区別がつかないというより、彼
は台湾人ではない。シナ人だから「台湾人の恥」を知らないのである。
スポンサーサイト

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

Copyright ©老兵の独り言. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。