老兵の独り言

八尾市をはじめとする全国での左翼情報チェックと真正保守の陣営拡大を願っています。 国連をはじめとする人権条約を基礎とする国内法の点検と法破棄運動も行っています。

CalendArchive

日本の時間

転職サイト『しごとナビ』
キャラクター【ナビちゃん】

プロフィール

老兵

Author:老兵
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

お勧め書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

フリーエリア

フリーエリア

FC2カウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

FC2カウンター

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

今回はかなり詳細な情報となっています。
無条件解除通知を出すように、要求してください。
今や児相は特定の思想に偏向した一部職員による偏向運営がなされえています。
以下は小菅様からのお願いです。



二回目のお願いです。
既に抗議された方はもう一度、まだの方はぜひ抗議を送って下さい。この子供は次の拉致を恐れて心身不安定です。一刻も早く助けて下さい。 お願い致します。
なお、以下の文書は近隣の家々に配布します。                                                                    



墨田児童相談所による 子供の心情破壊と家族破壊 を止めさせる為に
近隣の皆様にご理解とご協力をお願い致します
 
 原君(11歳・小6、男)は本人にも父・姉にも何ら正確な理由が告げられないまま、児相によって突然に誘拐され、児相の隔離施設に入れられてしまいました。
 どうも子育てに関して、実母と実父の間で不和・分離が有る事に付いて、児相側の言い分である(父・母の争いを子供に見せるのは、子供への「虐待」である)とかを用いた様です。

 元より原君の父母は当初から別居しており、子育ては途切れる事無く、信頼する父と母の様に慕っている姉によって行なわれて来ました。従い、原君は母を哀れと思っても、共に暮らす気持ちを全く持っていません。
(親権が母に有り、引き取られそうだと聞いた時は自殺未遂も起こしています)

児相はこの母の同意を名目として、父子には一時預かり(5~10日位)だと言って、本年3月末に数人で原君を誘拐しました。以後、父が何を聞いてもまともな答えが得られないまま、隔離施設に無期限の「入所」を続けられました。
原君はだまされた思いながら日々を過ごして居ましたが、この間児相職員は「お父さんからの虐待が有ったはずだ」と何回もしつこく問い質しています(言質を取りたかったのでしょう)。

さて原君は父に宛てた手紙が一つも届いていなかったと知って、逃げる決意をしました。


8月27日、必死の思いで施設を飛び出して、懐かしい父・姉の元へたどり着きました。


しかし児相はまた母を用いて、父が強制的に連れ去ったとの被害届を警察に出させました。

やがて31日に、警察から出頭を求められたため父子で行った所、原君は間も無く児相が来ると聞かされて、警察から一人で飛び出しました(一時間後に見つかって連れ戻される)
やがて数名の児相職員が原君を取り囲んで、施設へ戻る様にと強要しましたが、原君は完全に拒否しました。
すると彼らは父が制止するのも無視して、警官が目を背けている中、泣き叫ぶ原君を強引に押さえ付けながら拉致して行きました。

さて9月1日、一っ時もこんな施設に居たくない思いの原君は、同じくすきを見て飛び出して、父・姉の元に保護されました(小菅はこの夜、三人と会い、喜び合う姿を直に見ています)

しかるに児相は(警官もあきれ返る中)母を用いて・同じ届を再度警察へ出して、子供を確保して引き渡す様にと要請しています。(この件が以後どうなるかは未だ予測を許しません)

私たちはこの子供と家族を守りたいと思います。守れないと原君は本当に自殺しかねません。既にこれまでの心労から摂食障害を起こしています。

信じ難いかも知れませんが、既に各地の児相は「親よりも社会的な子育ての方が良い」「現状の家族は破壊した方が良い」と偏向して信じ込んだ人々により主導されています。そしてこの様な理不尽な事柄もあちこちの児相で起こっています。

原君には元の小学校への復帰(転校)が必要です。今は児相の妨害(再度の拉致が見込まれる)で通えません。近隣の皆様、この子供が一日も早く正常な生活に戻れる様に、ご理解とご協力をお願い致します。

(注)児相は知っていても言いません。しかし裁判の判例でも、子供が10歳位になると、親権者から子供が自分の意思で離れて、異なる親族と生活する事が認められています。親権による強制は有害だからです。


墨田児童相談所 ・・130-0012 墨田区江東橋1の16の10
所長 江角義男  所員 久野・増井・松崎 殿
電話 03-3632-4613  FAX 03-3635-6741
メイル S0000213@section.metro.tokyo.jp
スポンサーサイト

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

Copyright ©老兵の独り言. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。