老兵の独り言

八尾市をはじめとする全国での左翼情報チェックと真正保守の陣営拡大を願っています。 国連をはじめとする人権条約を基礎とする国内法の点検と法破棄運動も行っています。

CalendArchive

日本の時間

転職サイト『しごとナビ』
キャラクター【ナビちゃん】

プロフィール

老兵

Author:老兵
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

お勧め書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

フリーエリア

フリーエリア

FC2カウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

FC2カウンター

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL



 バブルの崩壊の明確な一歩が確実に進んでいますね。


「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」 より転載しています。
    平成20年(2008年)9月6日(土曜日)


 中国、海外投資の基本方針を転換か
   独ドレスナー銀行への100億ドル出資に「待った」



 二兆ドルの外貨準備高を、騎虎の勢いで中国は費消してきた。海外企業買収から、石油、ガス鉱区の買収、銅鉱山などレアメタル、鉄鉱石鉱山の買収。
 国富ファンドは米国ヘッジファンドの「ブラックストーン」にも出資したし、四大銀行はメリル、シティバンクなどに出資してきた。

 突然、方針が変わった。
 中国発展銀行が当局に申請していた独ドレスナー銀行への100億ドル出資に[NO]のサインがでた(フィナンシャルタイムズ、9月5日付け)。

 理由は(1)過去の出資はほぼ失敗に終わり、(2)加えてドル安により資産目減りがあまりにもひどい結果になっているからではないかと英紙は結論している。
   独ドレスナー銀行への100億ドル出資に「待った」



 二兆ドルの外貨準備高を、騎虎の勢いで中国は費消してきた。海外企業買収から、石油、ガス鉱区の買収、銅鉱山などレアメタル、鉄鉱石鉱山の買収。
 国富ファンドは米国ヘッジファンドの「ブラックストーン」にも出資したし、四大銀行はメリル、シティバンクなどに出資してきた。

スポンサーサイト

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

Copyright ©老兵の独り言. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。