老兵の独り言

八尾市をはじめとする全国での左翼情報チェックと真正保守の陣営拡大を願っています。 国連をはじめとする人権条約を基礎とする国内法の点検と法破棄運動も行っています。

CalendArchive

日本の時間

転職サイト『しごとナビ』
キャラクター【ナビちゃん】

プロフィール

老兵

Author:老兵
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

お勧め書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

フリーエリア

フリーエリア

FC2カウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

FC2カウンター

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

野牧先生よりのメールを転送します。
是非皆様どんどんメールや電話で抗議してください。
お願いします。


転送、転載をお願いします。

福祉保健局も墨田児相の罪をほっかむり

都民の声の「相談」コーナーに電話したら(03-5320-7725)、福祉保健局にまわしてくれました。福祉保健局で事情を話し始めたら、「児童相談所運営係り」というのがある、とのことです。で、そこにまわしてもらいました。電話口の人は、男性でヤマガタさんと言います。

その人に東京都の児相がいかに家族を破壊しているか、現状を言いました。最初は、「ああ、そうなんですか」と初めて聞く風。

「そういうわけで、これはね、女権運動家がDV防止法運動とセットで児相や児童の権利の運動もやっていてぇ、あの、DV防止法って、夫婦喧嘩した女性が女性相談に行っってシェルターに入って、びっくりした旦那が途方にくれるって、そういう法律でしょう。」
「そうですね。」

ってな会話もありました。中島さんちの4歳の坊やの話をして、それから、墨田児相が原少年を拉致した経緯を言いました。何もしらなかった風。

母親側が姦計を用いて親権・監護権を父親から奪ったことを知った少年が自殺未遂をしたこと、その母から1回、児相から1回、児相が自分を連れ戻すと聞かされた警察から1回、また連れ去られた児相から1回、(つまり児相から2回逃げた)、逃げて、父親のもとに帰ったこと。

そして最終的に警察官から少年が引き渡されたとき、
「今度は逃げられないところに連れてってやる」と児相職員が言った事、などなど、墨田児相の悪行をるる述べました。

次に、
「逃げられないところって、どういうところですか。東京都内ですか。多摩に施設があるけれど、そのへんですか。それとも、他府県ですか」

というと、ヤマガタさんは黙ってしまいました。そして、
「原則として都内」と言いました。

「原則として都内なら、他府県もあるんですか」
と聞くと、ヤマガタさんは

「そういうことはまずありませんが、施設がいっぱいだとか、事情があればあり得ます」


と言いました。

「私は、施設がいっぱいだ、ということはまずない、児相は兄弟も取る、何回も取る、いっぱいだなんていわせない。」と言いました。

すると、ヤマガタさんは
「そんなことを言うなら電話きる。切るよー」とタメクチを言ってすぐ切ってしまいました。

つまり、運営係りや保健局は拉致誘拐のグルだということが分りました。電話を急に切ったということは、私が言ったことが不愉快だったのです。初めてなら、いっぱいであるともっと一生懸命説明するはずです。また、私が話したことをもっと驚きをもって聞くはずです。「ああ、そうなんですか」じゃすまないはずです。

みなさん、こんなことって考えられますか?公的機関がすべて、家族破壊をして知らん顔してます。

☆抗議先
東京都福祉保健局児童相談所運営係り
ヤマガタ
電話 03-5320-4205
FAX  03-5388-1406
FAXは、他のセクションと一緒なので、
「児童相談所運系係りさま」と記入します。

明日は、東京都の教育庁に電話してみます。
教師による密告により、子供が児相に取られる件は3分の1くらいあります。

DV防止(家族破壊)法犠牲家族支援の会代表
野牧雅子

スポンサーサイト

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

Copyright ©老兵の独り言. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。