老兵の独り言

八尾市をはじめとする全国での左翼情報チェックと真正保守の陣営拡大を願っています。 国連をはじめとする人権条約を基礎とする国内法の点検と法破棄運動も行っています。

CalendArchive

日本の時間

転職サイト『しごとナビ』
キャラクター【ナビちゃん】

プロフィール

老兵

Author:老兵
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

お勧め書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

フリーエリア

フリーエリア

FC2カウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

FC2カウンター

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

公務員試験を受けようと思って、ネットで色々調べてみると、国籍条項を定めていない自治体が沢山見付かりました。
東北地方に多い気がします。

2008.09.26  もと  編集

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

大量の移民の受け入れ、外国人労働者の受け入れ、在日外国人の参政権承認の動き、多文化共生の美辞に隠れた地域共同体と日本文化の破壊、これらの動きと結びついた危険な策略ですね。



大阪府堺市も外国人に門戸を開いています。





国籍条項:新潟市、一般行政職受験資格から撤廃 議会に報告へ /新潟

 (毎日 2008/9/24)

 http://mainichi.jp/area/niigata/news/20080924ddlk15010073000c.html


 ◇政令市として最後に--来年度実施方針

 新潟市は来年度、一般行政職の受験資格から「国籍条項」を撤廃する方針

を固めた。全国17の政令指定都市のうち、新潟市以外はすべて外国人に門

戸を開いており、市の対応が遅れていた。篠田昭市長は毎日新聞の取材に

「先行事例を参考に今年度中に運用基準を決め、市議会に報告したい」と話

した。



 新潟市職員の45職種のうち、現在、外国人の受験を認めているのは、薬

剤師などの専門職や清掃作業員など22職種。実際に勤務しているのは、看

護師1人という。受験者の大部分を占める一般行政職など残り23職種は、

採用試験案内に「日本国籍を有しない者は受験できない」と国籍条項をただ

し書きしている。



 市国際課によると、政令市のうち堺市が全職種で外国人の受験を許可。横

浜市は消防職と衛生監視員、他14市は消防職を除き、昇任を制限した上で

国籍条項を撤廃。在日本大韓民国民団中央本部の調べでは、条件付きも含め

て撤廃は11府県、267市(07年1月現在)に広がっている。



 新潟市では政令市移行直前の07年、2月議会一般質問で篠田市長が「一

般行政職の国籍条項撤廃に向けて市人事委員会と協議する」と答弁した。だ

が、具体的な調整は進んでいなかった。



 篠田市長は毎日新聞の取材に、政令市の利点を「外国籍の人口が多い分、

その能力を活用できるところ」とした上で、「(採用の)入り口でシャット

アウトというのは、市の姿勢としてよくない。来年の採用から体制を改めた

い」と答えた。ただ「現段階で重要なポストを外国籍の方に任せるのは、市

民の理解を得られない」と、採用後は昇任を制限する方針を示した。



 国籍条項の撤廃は議決を必要としないが、今年度中に市議会で運用基準を

説明し、理解を求める予定。



 「市外国籍市民懇談会」の座長で、県立女子短大の若月章教授(国際関係

論)は「多文化共生の流れの中、新潟市の対応は遅れていた。対外的に開か

れた都市を目指すなら、身近な外国籍の人の公民主権確保は必須。民間企業

の外国人雇用に対する理解促進にもつながる」と指摘している。


 ■解説


 ◇開かれたまちづくりを


 07年3月、市外国籍市民懇談会の委員13人が、篠田昭市長に報告書を

手渡した。福祉、教育など幅広い問題改善を求める内容。その中で、篠田市

長はあえて国籍条項の撤廃を求める項目に触れ「07年で改善する方向で打

ち出したい」と明言した。



 直前の2月議会で篠田市長の踏み込んだ答弁もあり、関係者の期待は一気

に高まった。だが、表立った動きのないまま現在、08年度の採用試験が行

われている。



 足かせとなったのは、07年6月から約1年かけて議論された「市自治基

本条例」制定案。当初、市は永住外国人の住民投票の請求権も盛り込んで提

案したが、保守系2会派などから「拉致問題が解決していないのに、在日外

国人の権利を整備するのは納得いかない」などの批判を受け紛糾。最終的に

は外国人に関する記述をそっくり外し市側が折れる形で制定にこぎ着けた。



 篠田市長は1年遅れた理由について「(自治基本条例の)影響がないとは

言い切れない」と答えた。しかし、若月教授は「在日外国人の権利と拉致問

題は別の次元の話」と指摘する。懇談会元委員の韓国籍男性も「能力がある

人を採用するのは国際的に常識。市にとってもプラスになる」と進言する。



 「開かれた港町」「極東アジアの拠点化推進」。対外交流で新潟市が発す

る言葉も、身近な外国人の受け入れ態勢が不十分では、上滑りしている。篠

田市長が言う「外国籍市民が暮らしやすいまちは、日本人や新潟市を訪れた

人にとってもいいまち」の精神で、開かれたまちづくりを進めるべきだろう。


 ■ことば

 ◇国籍条項

 公権力の行使などに携わる公務員には、日本国籍を必要とする原則。外国

人が公務員となるのを否定する法律はないが、1953年に内閣法制局が

「当然の法理」として示した見解を根拠に、外国人は長年排除されてきた。

96年、川崎市が課長級以上の昇任を認めない条件で採用に踏み切り、97

年には東京都国籍条項訴訟の東京高裁判決が「外国人の就任が許される管理

職もある」と判断した。



■抗議先:問い合わせ

 新潟市 政策企画部 広聴課

 TEL:025-226-2094

 FAX:025-223-8775

 メール:kocho@city.niigata.lg.jp


 市長への意見 ↓

 https://www.city.niigata.jp/tegami/mail1.html



■新潟市議会事務局 (議員全員に配布願います、の一言を)

 〒951-8550 新潟市中央区学校町通1-602-1

 TEL:025-226-3375

 FAX:025-223-5566

 メール:giji.as@city.niigata.lg.jp


スポンサーサイト

コメント

公務員試験を受けようと思って、ネットで色々調べてみると、国籍条項を定めていない自治体が沢山見付かりました。
東北地方に多い気がします。

2008.09.26  もと  編集

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

Copyright ©老兵の独り言. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。