老兵の独り言

八尾市をはじめとする全国での左翼情報チェックと真正保守の陣営拡大を願っています。 国連をはじめとする人権条約を基礎とする国内法の点検と法破棄運動も行っています。

CalendArchive

日本の時間

転職サイト『しごとナビ』
キャラクター【ナビちゃん】

プロフィール

老兵

Author:老兵
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

お勧め書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

フリーエリア

フリーエリア

FC2カウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

FC2カウンター

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

我々真正保守は、抗議だけでなく素晴らしき条例に対しては激励行動をしましょう。
小生早速メールをして賞賛・激励しました。


鳥取県…人権擁護条例、施行なく廃止へ  定義あいまいと
 
(IZA 2008/10/7)

 http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/politics/185014/


 施行が凍結されている鳥取県人権救済条例をめぐり、同県議会(定数38、

欠員1)の議員18人が8日、議員発議で同条例を廃止する条例案を9月定

例会本会議に提案する。病欠議員が2人おり、廃止法案の可決は確実とみら

れている。



 人権救済条例は平成17年10月に都道府県で初めて可決したが、法曹関

係者らから「人権侵害の定義があいまい」といった批判が相次ぎ、県は翌3

月、条例の施行停止を決定。条例見直しを進めた検討委も昨年11月、条例

廃止を盛り込んだ意見書を知事に提出していた。



 条例では、差別や誹謗(ひぼう)中傷など広範囲な人権侵害を対象に県民

が救済や予防を申し立てることを保証しており、重大な人権侵害が認められ

た場合、加害者に是正勧告をしたり、従わない場合は氏名や人権侵害の内容

を公表できると規定されていた。



 ■鳥取県議会事務局 〒680-8570 鳥取県鳥取市東町1-220

  TEL:0857-26-7460

  FAX:0857-26-7461

  メール:gikaisoumu@pref.tottori.jp
スポンサーサイト

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

Copyright ©老兵の独り言. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。