老兵の独り言

八尾市をはじめとする全国での左翼情報チェックと真正保守の陣営拡大を願っています。 国連をはじめとする人権条約を基礎とする国内法の点検と法破棄運動も行っています。

CalendArchive

日本の時間

転職サイト『しごとナビ』
キャラクター【ナビちゃん】

プロフィール

老兵

Author:老兵
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

お勧め書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

フリーエリア

フリーエリア

FC2カウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

FC2カウンター

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

今回の震災援助について

今回の大震災に関して台湾の方々の温かい支援に関して感謝の御礼を申し上げたかったのですが書き込めそうなサイトをなかなか見つけられずにいました。

テーマが違うのはお詫びしますがどうか書かせて下さい。当初ニュースで台湾において義援金が20億円寄せられていると言う話を聞き本当に嬉しかったのですがその後義援金が47億円迄増えた話を聞きました。

さらに日本向けの野菜の輸出とその売り上げに関しても義援金として寄付して下さると言う話を聞き台湾の方達の気持ちに涙が出ました。

私は台湾と日本の歴史を少しは勉強をしています。今回の支援は日本の先人達の賜物である事は分かっているつもりです。

ですが戦後日本の台湾に対する姿勢を見ると今回の様な温かい支援を受ける資格があるのかと恥じ入るばかりです。
既に私人となられた李登輝元総統の入国さえ中国の顔色を伺い拒否するに至っては落胆してしまいました。

しかし日本にも心ある人々は確かに存在し台湾の方々に並々ならぬ感謝の念を抱いています。これからも変わらぬ友好関係を築いて行けたらと思っています。

今後台湾で何か有ったら日本の親台家の人々が恩返しをすると思います。その時は私も微力ながら協力させて頂こうと思います。

今回の御支援本当に有難うございました。深く深く感謝いたします。

2011.03.29  ダッド  編集

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

台湾人の柯 宏龍様が心底から血の叫びを上げておられます。
是非台湾独立・建国運動にご協力お願いします。
小生も台独に加盟して及ばずながらお手伝いをしています。


【台湾人の怒り】何故そこまで強く抗議したのか
<台湾を憂う友の會>より転載


http://www.emaga.com/info/taiwanjp.html <台湾を憂う友の會購読案内>

中国海協会張銘清副会長が台南で抗議をうけたことについて。

先日本のニュースサイトをちょこっと見たら、このニュースに関する記事は産経
の1社しか取り上げていないようなので、ここで日本の皆さんにこの事件の経緯に
ついて説明します。

まずは、なぜこの張銘清副会長が台湾でこれだけ激しい抗議を受けたのかについ
て。

この張銘清副会長は、中国の海峽兩岸関係協会の副会長で、
今回は別の肩書き(廈門大学新聞伝播学院院長)で台湾を訪問していました。
海峡兩岸関係協会は中国の実質上の対台湾の窓口機関で、
この協会の人間も何かあるたびに、台湾独立は万悪の源だとか、
台湾独立は中華民族同士の感情を引き裂ける最大の敵だとか、
平気で台湾人に対して、恐喝まがいのことをよく言っていました。
この日の朝も、この張銘清副会長がマスコミの質問に対し、
いつもの傲慢の口調でこう答えた。

「台湾独立を主張しなければ、戦争は永遠に起きない」

ちょっと待ってよ。
中国でならわかるが、ここは台湾ですよ。
自分の家まで上がってこられて、なおかつ言いたい放題言われたら、誰だってぶ
っちきれますよ。

でも、そこはさすがに平和を愛する台湾人だね。
台南の市民が取った行動は張銘清副会長に対して毒粉ミルクをぶちまけたのでも
なく、
直接足でけったり、拳でぶん殴ったりしたわけでもない。
ただ張銘清副会長に面等向かって大声で
「毒粉ミルクのことで謝れ!」「台湾は中国のものではない!」「台湾独立!」
などを叫んで、抗議しただけでした。

それを見た張銘清副会長は、最初はニヤニヤしていて、あまり気にはしていなか
った様子だったが、
あとから市民が続々と集まってきたのを見て、こりゃやばいと思って外に逃げよ
うとしたところ、
彼の行き先を阻んだ市民とぶつかって、結局自分で足つまづいて、地面にお尻を
強打した。

たっだこれだけのことです。

たっだこれだけのことなのに、台湾の80%を占める統媒(親中派マスコミ)は中
国の怒りを買うのを恐れているかのように、
これを「民進党の暴力」、「中国との平和関係を破壊した」と、自分のニュース
チャンネルで競って激しく批判を繰り広げているようです。

いつものことながら、こういう時は特に台湾人である自分が哀れに思えてきます


1千枚以上ものミサイルを自分のところに向けている中国に対して、
毒粉ミルクをどんどん台湾に輸入している中国に対して、台湾人は抗議する権利
すらないのか。
景気回復対策を期待され、台湾人によって選ばれた馬英九政権が、
就任後まず第一にやったことは景気回復を図る政策を立てることではなく、
自分の父親の夢でもある中国と台湾の統一を目標に、中国に友好的な態度を見せ
たいがために、
どんなことが起きようとも、台湾人の利益よりも、真っ先に中国の利益を考え、
どう処理したら、中国に満足してもらえるのか、喜んでもらえるのか、
台湾をできるだけ中国に近づかせようとしているのに、台湾人は抗議する権利す
らないのか。
これを哀れと言わずに何と言ったら良いのでしょうか。


日本の皆さん、どう思いますか?


----------------------------------------------------------------------

台湾の方のブログの声です

ここにも台湾の人が心から訴えています。

本当に台湾はこのままでいいのでしょうか、、、、

私も台湾の現状を見るたび、聞くたびに心が引き裂かれそうです。。

台湾を応援していただいている日本人も数多く居ますが・・・・・

その方たちにお願いします。

この台湾の人の声を聞いてもまだ自己中心的な台湾応援をするのでしょうか。

日本には台湾を応援している方々、団体が数多くあります

その方々にお聞きしたい

真の目的、最終目的は何なのかと

良く台湾に居てる人や台湾に近い人は違うと言われます

私にはわかりません・・;

長工=私利私欲を捨て尽すこと

私はいつもこの言葉をかみしめながら台湾独立・建国運動を応援しようと思って
います。

おかしいですか?

古いですか?

向こう側に何かメリットが必要なのでしょうか?

いえいえ、台湾を応援して居られる人たちはそんな物の為に応援している人は居
ないと信じます。

だからこそ心を合わせ、みんなで進めたい。

台湾では今本当に白色テロの入り口にさしかかっています。

台湾の人の叫びが、心の叫びがあなたの胸に突き刺さるなら・・・・・

                              柯 宏龍

スポンサーサイト

コメント

今回の震災援助について

今回の大震災に関して台湾の方々の温かい支援に関して感謝の御礼を申し上げたかったのですが書き込めそうなサイトをなかなか見つけられずにいました。

テーマが違うのはお詫びしますがどうか書かせて下さい。当初ニュースで台湾において義援金が20億円寄せられていると言う話を聞き本当に嬉しかったのですがその後義援金が47億円迄増えた話を聞きました。

さらに日本向けの野菜の輸出とその売り上げに関しても義援金として寄付して下さると言う話を聞き台湾の方達の気持ちに涙が出ました。

私は台湾と日本の歴史を少しは勉強をしています。今回の支援は日本の先人達の賜物である事は分かっているつもりです。

ですが戦後日本の台湾に対する姿勢を見ると今回の様な温かい支援を受ける資格があるのかと恥じ入るばかりです。
既に私人となられた李登輝元総統の入国さえ中国の顔色を伺い拒否するに至っては落胆してしまいました。

しかし日本にも心ある人々は確かに存在し台湾の方々に並々ならぬ感謝の念を抱いています。これからも変わらぬ友好関係を築いて行けたらと思っています。

今後台湾で何か有ったら日本の親台家の人々が恩返しをすると思います。その時は私も微力ながら協力させて頂こうと思います。

今回の御支援本当に有難うございました。深く深く感謝いたします。

2011.03.29  ダッド  編集

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

Copyright ©老兵の独り言. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。