老兵の独り言

八尾市をはじめとする全国での左翼情報チェックと真正保守の陣営拡大を願っています。 国連をはじめとする人権条約を基礎とする国内法の点検と法破棄運動も行っています。

CalendArchive

日本の時間

転職サイト『しごとナビ』
キャラクター【ナビちゃん】

プロフィール

老兵

Author:老兵
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

お勧め書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

フリーエリア

フリーエリア

FC2カウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

FC2カウンター

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

もはや朝日系列は度し難きマスゴミ。
早く休業することを期待する。


◆外務省が週刊朝日に異例の抗議、訂正求める  (産経 2008/10/22)

 http://sankei.jp.msn.com/politics/policy/081022/plc0810222005007-n1.htm


 外務省の児玉和夫報道官は22日の記者会見で、21日発売の週刊朝日

(朝日新聞出版発行)に掲載されたジャーナリスト、上杉隆氏の記事「麻生

『外交』敗れたり」は事実に反するとして、水嶋光一報道課長が同社を訪れ

抗議し、訂正を申し入れたことを明らかにした。外務省が週刊誌報道に抗議

するのはまれだ。



 記事は、斎木昭隆アジア大洋州局長が米国による北朝鮮のテロ支援国家指

定解除に関連し、担当記者とのオフレコ懇談会で「いい加減な記事を書くな」

と激高したとあるが、児玉氏は「発言内容も激高したという点も、いずれも

事実と異なる」と指摘。また、外務省幹部が「中曽根(弘文)外相ほど無能

な大臣も珍しい」と述べたとある点についても、「幹部が上杉氏の取材を受

けた事実は確認されず、信憑(しんぴよう)性は疑問だ。記事を掲載した週

刊朝日の責任は重大だ」と語った。



■週刊朝日は「筆者である上杉隆氏とも協議した上で、

 今後の対応を考えたいと思います」(山口一臣編集長)とのコメントを出した。

 http://sankei.jp.msn.com/politics/policy/081022/plc0810222251014-n1.htm
スポンサーサイト

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

Copyright ©老兵の独り言. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。