老兵の独り言

八尾市をはじめとする全国での左翼情報チェックと真正保守の陣営拡大を願っています。 国連をはじめとする人権条約を基礎とする国内法の点検と法破棄運動も行っています。

CalendArchive

日本の時間

転職サイト『しごとナビ』
キャラクター【ナビちゃん】

プロフィール

老兵

Author:老兵
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

お勧め書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

フリーエリア

フリーエリア

FC2カウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

FC2カウンター

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

無年金在日外国人への救済請願は「たかり」である。
福岡県で、無年金在日外国人の救済に関する請願が出された。
提出は、本年9月29日である。
提出したのは、「在日コリアン無年金福岡裁判を支援する会」である。
代表は荒木裕子氏である。

この荒木裕子氏は、福岡県八女市立中学校の国語科の教師(現職か退職しているのかは不明)。八女市と近く合併する立花町に居住する人である。
(これ以上のことについて、触れることは出来ない)

当然日教組の組合員であった。
福岡県下の中学校が荒廃しているとき、中学生の背後で暴動を扇動していたという前歴の持ち主でもあった。(この項福岡在住の知人からの情報による)
日教組は教育界において癌的存在である一例です。
しかも、部落解放同盟の運動と在日コリアンの集り的不当要求は密接に結びついている証左でもあります。

請願要旨は、
1 1959年国民年金制度スタート。1982年国籍条項撤廃まで対象外。
  この点で差別。
  年金制度発足時、小笠原・沖縄返還時、中国残留帰国者に対する措置で、一定年齢以上の者への救済措置が取られたが、在日韓国朝鮮人へは救済措置がないのは差別。

2 近年、年金制度の是正を国に求めると共に、独自の給付事業をしているが、福岡でも他府県にならって年金制度から取り残された在日韓国朝鮮人の高齢者、障害者への十分な対策を要望。
 
請願は
1 定住外国人の特別給付金に関する要望
 ① 1986年4月1日の時点で、60歳を越えていたという理由で受給していない無年金定住外国人に、政府の年金差別是正と救済措置をとるまで、の暫定的措置として、高齢者については特別給付金を支給されること。

② 1986年4月1日の時点で、60歳を越えていたという理由で、障害福祉年金の受給が認められていない無年金外国人に対して、政府の年金差別是正と救済措置をとるまで、の暫定的措置として、障害者については特別給付金を障害者基礎年金(1級:月額82,758円、2級:月額66,208円)に見合う金額を支給されること。

2 日本政府に対して、年金差別を是正し、早急に救済措置を講ずるよう働きかけること。


以上のような請願内容です。

紹介議員には
 富原 茂昭 
 大塚 勝利
の2名がなっています。
この人物 富原は 東区選出の  「公明党」所属県議会議員
     大塚は 田川郡選出の 「民主 県政」所属県議会議員

ところで皆さん。
彼らが何に付けても叫ぶ枕詞は、「在日外国人への差別」です。実際に差別でし
ょうか。
差別といわれているものは、自らの日本国民への道、国籍取得を放棄するまた
拒否してきた自己責任です。年金とは日本国民が掛け金を支払い受給する制度
です。己が責任で国籍取得せず年金だけよこせとは、朝鮮民族のたかり精神以
外の何ものでもありません。あえて指摘するなら、かっての日韓会談で合意さ
れているように、今後先の大戦をめぐる韓国に関する諸問題は韓国政府へ請求
するのが筋というものです。

「年金制度発足時、小笠原・沖縄返還時、中国残留帰国者に対する措置で、一
定年齢以上の者への救済措置が取られたが、在日韓国朝鮮人へは救済措置がな
いのは差別」とは、何か勘違いしていませんかという性質のものです。
救済措置をとった対象者は日本国民です。外国人へ同じ対応をしないからとい
ってそれは差別ですか。あえて言うなら「たかり」です。

彼らの主張は、全く根拠がありません。
にもかかわらず、公明党と民主党は選挙目当ての点数稼ぎ以外に何が目的なの
でしょうか。

かような請願が県議会に提出されるのなら、この請願が採択されないよう要望
するお願いを、県議会自民党へ出してくださるようお願いします。

福岡県議会事務局
〒812-8574 福岡市博多区東公園7-7
TEL 092-643-3832
e-mail:gchosa2@pref.fukuoka.lg.jp

<訂正>
荒木裕子氏は、立花町出身で八女市在住と訂正します。

「八女市と近く合併する立花町出身で八女市に居住する人」に訂正します。



スポンサーサイト

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

Copyright ©老兵の独り言. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。