老兵の独り言

八尾市をはじめとする全国での左翼情報チェックと真正保守の陣営拡大を願っています。 国連をはじめとする人権条約を基礎とする国内法の点検と法破棄運動も行っています。

CalendArchive

日本の時間

転職サイト『しごとナビ』
キャラクター【ナビちゃん】

プロフィール

老兵

Author:老兵
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

お勧め書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

フリーエリア

フリーエリア

FC2カウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

FC2カウンター

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

台湾でいかなる組織を立ち上げようが、中国のように禁止することをしないのが民主主義の国家であり、中国のように禁止するのが独裁主義の国家である。

台湾政府が設立を認めるのは台湾政府の自由であり、その設立にあれこれ意見を表明することは正しくない。

しかし、その反日の団体に馬総統が掛け軸を贈呈する行為は、明確に日本に矢を向けた行為以外の何物でもない。
おまけに「和衷共済」である。中国語がお分かりにお方はその意味を読み取れる。
「(困難を克服するために)心を合わせて協力する」という意味で、同舟共済ともいいます。

馬の政治姿勢がこれ以上見事に表明している文言はありません。

我々台湾との友好を願い、草の根の活動を展開している日本人として、絶対看過できない馬の行為である。

このことはこれからも忘れることはないであろう。

我々は台湾人と馬政府とを区別して運動を展開する。


【二枚舌の馬英九】反日だけは本物だ
日本李登輝友の会メールマガジン「日台共栄」より転載

馬英九総統が尖閣領有主張の反日団体「中華保釣協会」に「和衷共済」の掛
け軸贈呈 日台関係の改善に水を差す馬英九総統

 報道によると、11月9日、尖閣諸島の領有を主張する活動家らが「中華保釣協会」を設立し、その大会に馬英九総統が「和衷共済」(心を合わせ、共に助け合う)と大書した掛け軸を贈っていたことが判明した。

 共同通信によると、同協会は毎年1回、尖閣諸島へ出航するとし、活動家の一人は「李登輝、陳水扁時代に抑え込まれていた活動が有利な状況を迎えた」と述べ、「中国など各地の活動家ともネットワークを強化し、台湾社会における領有権の意識向上に努める」ことも掲げているという。

 この動きに日本政府関係者は警戒を強めており、読売新聞は「反日団体とも言える組織へのこうした贈り物は、日台関係に影を落とす恐れ」を指摘し、毎日新聞も「日本側とトラブルになる可能性もある」と述べ、日台関係への影響を懸念している。

 馬英九総統は「尖閣は中華民国の領土」という主張に変わりはないとしつつ、「領土問題は棚上げしよう」と言い、「日本は特別なパートナー」とも言う。しかし一方で、尖閣諸島の領有を主張する活動家らの団体にエールを送って反日活動を煽動している。

 これでは「中国式」の二枚舌、ダブルスタンダードと非難されても致し方あるまい。日台関係の改善に水を差しているのは馬英九自身だ。さすがに馬総統の側近は「不適切だった」と反省しているというが、しかし総統府側は「毎週1500本以上も発送しており、特別な意味はない」と公言しており、日台関係への影響を心配する様子は伺えない。

 馬英九総統の最高指導者としての統率力が問われてもいるが、尖閣問題きっかけに台湾の一部が「反日」に転じたことを象徴する「和衷共済」の掛け軸だ。

                           (編集部)
スポンサーサイト

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

Copyright ©老兵の独り言. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。