老兵の独り言

八尾市をはじめとする全国での左翼情報チェックと真正保守の陣営拡大を願っています。 国連をはじめとする人権条約を基礎とする国内法の点検と法破棄運動も行っています。

CalendArchive

日本の時間

転職サイト『しごとナビ』
キャラクター【ナビちゃん】

プロフィール

老兵

Author:老兵
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

お勧め書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

フリーエリア

フリーエリア

FC2カウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

FC2カウンター

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

以前にもお知らせしましたが、IMADRが国連人権高等弁務官事務所へ、、締め切り日の2月8日に意見書を提出したそうです。(当然英文で)

情報提供文書に署名した組織は、全部で51団体だそうです。
吾々も近いうちに提出できるようになりたいものです。

以下情報です。



. 国連人権理事会 普遍的定期審査(UPR)による日本審査にむけて
   NGOが共同で情報提供文書を提出
───────────────────────────────────

国連人権理事会のもとで新たに開始される「普遍的定期審査(UPR)」制度に
より、 2008年5月に日本の人権状況が審査対象となることをうけ、国際人権
NGOネットワークおよび51の共同署名団体は2月8日、国連人権高等弁務官事務
所に、日本に関する情報提供文書を提出しました(とりまとめIMADR-JC、1団
体は提出後共同署名)。


同文書は、日本の一般的な人権状況について、とくに日本の人権保護・救済制
度のありかたを中心に広範に問題提起したものとなっています。以下からダウ
ンロードできます。
http://www.imadr.org/japan/un/UPRJapanforWeb_J.pdf(IMADRウェブサイト
「人権理事会」関連ページ(http://www.imadr.org/japan/un/hrc)内)
この文書とともに提出された添付文書(英文)をご覧になりたい方は、IMADR
-JC事務局までお問い合わせください(連絡先は末尾)。


「普遍的定期審査(UPR:Universal Periodic Review)」制度とは人権理事会に
より2007年6月に新たにつくられた制度で、国連加盟国192カ国すべての人権
関係の義務・公約の履行について、国連人権理事会が定期的に審査するという
ものです。UPR制度と審査へのNGOの関わりなどの詳細については、IMADR-JCが
作成した「UPR概説文書」をご覧ください。以下からダウンロードできます。
http://www.imadr.org/japan/un/UPR.pdf
(IMADRウェブサイト「人権理事会」関連ページ内)


なお、UPR制度のもとで、2008年4月にインド、5月にはスリランカの人権状況の
審査も行なわれます。IMADRアジア委員会でも、他のNGO団体とともにカースト
差別など両国の人権状況についてそれぞれ情報提供文書を作成し、国連人権高
等弁務官事務所に提出しています。詳しくは以下をご参照ください(英文)。
http://www.imadr.org/un/hrc/imadr_reports_on_the_human_rig/

スポンサーサイト

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

Copyright ©老兵の独り言. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。