老兵の独り言

八尾市をはじめとする全国での左翼情報チェックと真正保守の陣営拡大を願っています。 国連をはじめとする人権条約を基礎とする国内法の点検と法破棄運動も行っています。

CalendArchive

日本の時間

転職サイト『しごとナビ』
キャラクター【ナビちゃん】

プロフィール

老兵

Author:老兵
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

お勧め書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

フリーエリア

フリーエリア

FC2カウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

FC2カウンター

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

2008.12.25

日教組とは?

今日の若年層のお方は、日教組と聞いて 「?」と感じられるお方が大部分でしょう。
小生が中学生の頃は、教師が良く休みました。ストライキもあり自習時間が多くありました。
日教組とはどのような組織かお考え下さい。
小生の同士のお一人O氏が日教組について書かれていましたので、ご紹介します。


日教組を一口で説明する能力は私にはありませんが、端的にいえば「先鋭な反体制運動を一貫して行ってきている
教師の組合」、つまり、「社会主義国家を理想とし、その実現を目指している」、そのため、「日本の歴史や伝統・文化を
全面的に否定、道徳教育や愛国心の涵養には強硬に反対」している団体で、その目的実現のために内外の反日団体
と緊密に連携している、ということでしょうか。具体的には、

・槙枝元委員長のように、金日成の誕生日には訪朝し、「日本人民を代表して、偉大なる閣下に衷心からのお慶びを
 申し上げます」などということをやってきました。一方で、天皇陛下に尊敬を念を表することは絶対にありません。
・槙枝氏などの日教組幹部と土井たか子などが「チュチェ思想研究会」を結成して、金日成の思想に共鳴しています。
・当然、朝鮮総連との関係は極めて緊密です。
・部落解放同盟とは共闘関係にあり、「人権学習」や教科書についても一心同体と言ってもいいでしょう。広島県における
 日教組、高教組と部落解放同盟の3者協定はよく知られています。当時の県の教育長は確か文部省から派遣されていた
 例の”ゆとり教育”の寺脇研だったと思います。その内容は言語道断です。(ただ、都教祖など共産党系の全教?は若干
 のニュアンスの違いがあるようです)
・日教組は、「教え子の銃を持たすな」とか、「15の春を泣かせるな」などという奇麗事をいって、国防に反対し、高校全入
 運動などを進めて、青少年から愛国心をなくし、競争回避で虚弱にし、学力低下を招いています。
・ゆとり教育や過激な性教育もその一環です。子供達から、羞恥心や慎み、規律を奪うものです。小学生に性行為を教え
 たり男女区別反対といって更衣室を男女一緒にしたり、トイレの男女の表示を廃止したりする始末です。
 (彼らの理想はカタツムリだそうです。つまり”雌雄同体”だからです。男らしさや女らしさを徹底的に排除しようとします)
・日教組は反日政治活動の拠点です。日米安保は絶対反対です。沖縄の基地を”人の鎖で包囲する”運動などの中心
 勢力です。ジュネーブの国連本部に「日本の慰安婦問題の非難決議の採択」を訴える代表を送ったりします。
・日教組は、全国をブロックに分けて立候補させ国会議員を送っています。勿論、候補者は組合活動家の”上がり”です。

などなどですが、こうした日教組の活動家に加えて自治労の活動家も民主党議員なって、日本解体のための法案を次々
と推し進めています。例えば、人権法案、国籍法改正、外国人参政権法案。更には男女共同参画法案に付随する
過激な地方自治体の条例などです。

 困ったことに立正公正会だけでなく、成長の家などの新興宗教、さらには浄土真宗までもが民主党支持が増えています。
その一因は自民党と公明党の関係にあります。公明党と自民が癒着していれば当然、その他の宗教団体の反発が起きます。
いずれにしても、「自民党はもう駄目だ」という国民の気持ちが高まっています。でも、「旧社会党の輩が潜りこんだ民主党も
嫌だ」というところではないでしょうか。

 いずれ政権交代は避けられないでしょう。しかし、民主党政権が長続きするはずがありません。内外の情勢が許しません。
ただ、そのドサクサニ紛れて”村山談話”的な亡国の行為が行われる危険性が多分にあります。

スポンサーサイト

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

Copyright ©老兵の独り言. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。