老兵の独り言

八尾市をはじめとする全国での左翼情報チェックと真正保守の陣営拡大を願っています。 国連をはじめとする人権条約を基礎とする国内法の点検と法破棄運動も行っています。

CalendArchive

日本の時間

転職サイト『しごとナビ』
キャラクター【ナビちゃん】

プロフィール

老兵

Author:老兵
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

お勧め書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

フリーエリア

フリーエリア

FC2カウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

FC2カウンター

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

ダライ・ラマ来沖内定 11月、講演や戦没者追悼
2009年1月4日

http://ryukyushimpo.jp/news/storyid-139561-storytopic-1.html

ノーベル平和賞受賞者で、チベット仏教最高指導者のダライ・ラマ14世が11
月に沖縄を訪問することがこのほど内定した。ダライ・ラマ氏の沖縄訪問は初め
て。同氏は滞在中、沖縄戦戦没者への追悼や講演を行う予定。「ダライ・ラマ法
王沖縄招聘(しょうへい)委員会」(長嶺信夫代表幹事)が現在、招聘に向け県
内各界に協力を呼び掛けるなど作業を進めている。同委員会は「世界の恒久平和
を希求する県民の思いを、広く世界に発信したい」と話している。

委員会は昨年からダライ・ラマ法王日本代表部事務所と招聘日程を調整するなど
作業を進めていた。昨年11月には来日中のダライ・ラマ氏と福岡県で長嶺代表
幹事らが直接面会も果たしている。

委員会は3日までに県内各界関係者に招聘計画の趣意書を送付し、協力を求めて
いる。

委員会はダライ・ラマ氏に県内滞在中、南部戦跡で沖縄戦犠牲者に対して祈りを
ささげてもらうことや平和についての講演を依頼している。

医師の長嶺代表幹事は「沖縄の戦跡は現在世界の恒久平和を祈念する多くの人た
ちの心の原点となっている。この沖縄の地で戦没者の御霊(みたま)を慰霊し、
世界に恒久平和の願いを発信することは極めて有意義なことだ」とし「ノーベル
平和賞を受賞したダライ・ラマ氏の招聘を通し、平和のありがたさを沖縄の地か
らアピールしていきたい」と話した。

ダライ・ラマ14世は1935年生まれで、40年に即位。中国人民解放軍の虐
殺に反発する僧侶の抵抗運動がチベット全土に拡大したチベット動乱最中の59
年3月、インドに亡命した。以来、インド北部ダラムサラを拠点にチベット自治
政府樹立運動を指導。
 89年に非暴力の活動が認められ、ノーベル平和賞を受賞した。
スポンサーサイト

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

Copyright ©老兵の独り言. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。