老兵の独り言

八尾市をはじめとする全国での左翼情報チェックと真正保守の陣営拡大を願っています。 国連をはじめとする人権条約を基礎とする国内法の点検と法破棄運動も行っています。

CalendArchive

日本の時間

転職サイト『しごとナビ』
キャラクター【ナビちゃん】

プロフィール

老兵

Author:老兵
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

お勧め書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

フリーエリア

フリーエリア

FC2カウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

FC2カウンター

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

この記事拝読して感激しました。
5カ国連合を築きましょう。
台湾、モンゴル、ウイグル、チベット、日本の連合を。
5カ国の国民を支持します。


【寄稿】南モンゴル応援クリルタイが横浜の外登証正名街頭署名活動に参加

                     南モンゴル応援クリルタイ
                        モリンホール馬頭琴

sain bai tsaga no.
(皆様こんにちは。)
bi bol monglin morin hugur gedeg.
(私はモンゴルのモリンホール馬頭琴と申します。)
bi ubur mongol es irsen.
(南モンゴルからやってまいりました。)
bi taiwan uls demjih !
(私は台湾国を支持します。)

1月12日(月)に開催された日本李登輝友の会 神奈川県支部主催の
【外登証】正名街頭署名活動に参加に南モンゴル応援クリルタイも参加
させていただきたました。関係者の皆様にまず御礼を申し上げます。

当日は日本李登輝友の会 神奈川県支部の佐藤事務局長、台湾研究フォーラムの
永山会長を中心に友の会の皆様とともに私たちも署名活動のお手伝いをさせて
いただきました。
また、正名のチラシとともに「南モンゴルを知っていますか?」などの資料も
配布させていただきました。

私の仲間も台湾正名を訴えつつ、台湾+3民族(南モンゴル、ウイグル、チベット)
+日本の五カ国連携を訴えました。

そして、私も日本の皆様が台湾のことをこのように応援している姿を拝見し、
祖国を思い出しながら、マイクを手に取り、台湾を応援していただくよう
横浜の町を通り過ぎていく通行者の皆様に訴えました。

「私はモンゴルの伝統的楽器馬頭琴です!」
「祖国南モンゴルは中国の植民地です。」
「台湾も中国に侵略されようとしています。」
「南モンゴル人は台湾の独立を支持します!」
「台湾は毒餃子の中国ではありません。」
                        etc

さて、日本の敗戦後、台湾と南モンゴルがたどって来た歴史は非常に似通っています。
まず、台湾は228事件で中国国民党に大弾圧を受けました。
そして、台湾語や客家語、原住民諸語を行うことを禁じられました。
幸い李登輝大統領という偉大な指導者を得た後は堂々と台湾語を話すように
なっていきました。

一方、南モンゴルは文化大革命の初期に中国共産党によるいわゆる
「内モンゴル人民革命党事件」により、多くの南モンゴル人が拷問、殺害れました。
http://ir.lib.shizuoka.ac.jp/handle/10297/2552

また、私、馬頭琴は中国の楽器ではないにも関わらず、中国共産党は北京オリンピックの
開会式レセプション冒頭で、馬頭琴大演奏会、すなわち、モンゴル文化は中国文化の
一部だというヤラセを演出しました。
http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/world/asia/176160/
数ある北京オリンピックヤラセの中の一つですが、あまり大きく取り上げられる
ことはありませんでした。
そして、自然環境は破壊され、中国語を話さないとと不利な立場に立たされ、
モンゴル語の学校は減り、モンゴル文化滅亡の危機に瀕しております。

そして、今また馬英九が総統となり、台湾文化滅亡の危機に瀕しております。
このままでは台湾語もいつ使用できなくなるか分かりません。

中国共産党も空母2隻を建造し、台湾侵略を虎視眈々と狙っております。
中国側から言わせれば祖国統一なので、史上最大・最悪のヤラセですね。

中国国民党も中国共産党もソ聯の影響を受けた兄弟の政党です。
名前は違えど体質に変わりはありません。
そういった意味で12日(日)中国国民党の影響が強い横浜で活動に参加させて
いただけたことは大変意義深いものとなりました。

既に南モンゴルは完全に中国の植民地となりました。
台湾がこのようにならないためにも、今後とも台湾+3民族+日本の連携を日本の
皆様、台湾の皆様、モンゴル人と一緒に、具体的な行動として、あらゆる場所で、
訴えていきたいと思います。

最後に読者の皆様にお願いが御座います。「南モンゴルを知っていますか?」
というマンガを全国でも印刷、配布していただきたいのです。
下記にマンガの置き場所、折り込み手順など掲載しておりますので、
是非とも南モンゴルの現状を私たちと共に訴えていただきたく、よろしく
お願い申し上げます。

bayarlala!
(ありがとうございました。)

南モンゴル応援クリルタイHPから画面右上方の「ファイル」をクリックするとダウンロードできます。
http://groups.google.co.jp/group/southern_mongolia_Quriltai?hl=ja&lnk=gcamh

ファイル名を右クリックし、対象をファイルに保存を左クリックするとダウンロードできます。
googleアカウントは必要ありません。
南モンゴルの国旗(案)などもご自由にお使い下さい。

■関連ファイル
1.南モンゴルを知っていますか?印刷配布用A3かB4に拡大印刷折込配布して下さい転載歓迎.pdf(マンガ印刷用原紙です。)
2.折り込み手順書.pdf(マンガを折り込む手順書です。)
3.南モンゴルを知っていますか?オンライン版前半転載歓迎.pdf(PDFで読める版、P1-P4です。)
4.南モンゴルを知っていますか?オンライン版後半転載歓迎.pdf(PDFで読める版、P5-P8です。)
5.横浜スタジアムを背景に.jpg(私、馬頭琴でございます。)
スポンサーサイト

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

Copyright ©老兵の独り言. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。