老兵の独り言

八尾市をはじめとする全国での左翼情報チェックと真正保守の陣営拡大を願っています。 国連をはじめとする人権条約を基礎とする国内法の点検と法破棄運動も行っています。

CalendArchive

日本の時間

転職サイト『しごとナビ』
キャラクター【ナビちゃん】

プロフィール

老兵

Author:老兵
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

お勧め書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

フリーエリア

フリーエリア

FC2カウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

FC2カウンター

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

韓国企業も韓国企業なんですが、中国へ「柳の下の・・・」を狙いに行って、「母屋も取られた・・・」という始末でしょうか。

あの国へ商売に行って成功した企業があるでしょうか。
自業自得と言いたいところです。
かの国は近代国家ではないのですぞ。

韓国も、国内基盤を強固なものにする必要性は喫緊ではなかろうか。



「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」 より転載しています。

 中国から逃げ出す韓国企業の夥しさ
   青島や煙台、威海衛など外国人マンションはガラガラ状態に
***************************************

 北京市の韓国系高級スーパーが昨年大晦日に突如、営業を停止した。
 韓国人経営者が夜逃げし、従業員への給料未払い、ボーナスはなし。債権者への支払いは当然行われておらず、『新京報』は、「夜逃げというより計画倒産だ」と酷評、反韓感情が爆発した。

 過去二、三年というもの中国での韓国企業の評判はすこぶる悪い。「好況の時は横柄で、不況の時は横着」というイメージが色濃いとう関係者は語る。


 ▲横柄な中国人もあきれる韓国人の振るまい

 横柄この上ない中国人がそういうのだから、皮肉でもあり滑稽でもあるが、中国政府がソウルに圧力をかけて韓国に逃げた経営者の摘発を迫っている。
それが韓国では逆に反中国ナショナリズムを高める。反日感情という架空の話ではなく、これは現実の問題だ。

 山東省で数千もの韓国企業が夜逃げを始めたのは07年春からだ。
 青島、煙台、威海衛の外国人用マンションに空き部屋が目立つようになった。青島在住の日本人の知り合いに拠れば、「歯の抜けたようなマンションの空室。前居住者はみんな韓国人で家賃も払わずに蒸発したケースが多い」という。
 
前にも書いたが韓国では「三月危機説」がにわかに浮上している。
 円高で日本人の海外旅行ラッシュ、飛び抜けて増えた行き先はウォン安を狙った日本人ツアーの韓国行き。団体も個人も買い物にマッサージとか。反日感情がマスコミで伝えられるものの、「あれは建前、ホンネは親日」が韓国人の特質である(ちなみに台湾ドルも激安となり、台湾へのパック旅行も急増している)。

 韓国の設備投資マイナス7・7%、ウォンは一ドル=935ウォンから1469へ。
上場企業の倒産が87社、銀行の不良債権率が16%にも達し、優良銀行の不良債権率がBIS規制の8%を軽々と突破して、08年11月末で10%。
 韓国の国際資本収支が350億ドルのマイナス。純債務国に転落した(251億ドルの債務超過)


 ▲ウォン安でも韓国の輸出が停滞したままなのは何故か?

 頼みの綱の輸出がウォン安でもまったく伸びず、鉄鋼、造船、半導体といった、韓国を代表する“輸出御三家”は青息吐息。
とくに造船は、中国が上海北側の崇明島に造船所を大規模に造って輸出攻勢にでたため、韓国の受注がゼロという有様となった。

 粗鋼生産も激減している。
1973年創業以来、減産をしたことがなかった鉄鋼大手ポスコは一月に13・5%もの減産。液晶パネル世界第二位のLGディスプレー社は主力工場で生産を中止した。

 自動車はもっと酷い惨状だ。
 双竜自動車が倒産した。
「現代・起亜グループ」と「ルノー・サムソン」は操業を半減、「GM・大宇」は操業停止、上海汽車傘下の「双龍自動車」は大幅なリストラ策提示に労組が強く反発し泥沼の労働争議となった。中国側の上海汽車が増資に応ずる形で救済策を講じたが力たらず、倒産に到った。
 韓国全体の貿易収支は08年推計で100億ドルのマイナスに転落と予想される。

 そこで日米にならって中国が57兆円の景気テコ入れをするように、韓国も累計で33兆ウォンを投じるが、この金額はGDP比の3・7%のも及ぶ。

 「三月韓国危機」説の論拠は、三月決算をむかえる邦銀が韓国から資本を回収に動くためとされる。
ところが三月期限の邦銀の対韓国貸し出しは25億ドル内外しかなく、韓国の激減した外貨準備2000億ドルのわずかに1・25%である。
だから邦銀が危機をまねくという説は信じがたい。

就職難、経済政策無定見の現政権が国内経済要因をすり替えるための俗説ではないか。もっと韓国国内的に深刻な問題があると思われる。
スポンサーサイト

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

Copyright ©老兵の独り言. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。