老兵の独り言

八尾市をはじめとする全国での左翼情報チェックと真正保守の陣営拡大を願っています。 国連をはじめとする人権条約を基礎とする国内法の点検と法破棄運動も行っています。

CalendArchive

日本の時間

転職サイト『しごとナビ』
キャラクター【ナビちゃん】

プロフィール

老兵

Author:老兵
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

お勧め書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

フリーエリア

フリーエリア

FC2カウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

FC2カウンター

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

野牧先生のメール転送します。
左翼の宣伝にキリスト教が加わっていることが多々あります。
日本で暗躍しているキリスト教派はリベラルで、左翼行事に宗教者の顔をして参加しています。
この「おかま論争」は面白くて実像を明らかにしてくれています。

===================================

キリスト教会おかま論争入門前 基礎知識 1

冬休み、研修を二日いただきました。そのうち一日は東京ウイメンズプラザ、一日は横浜フォーラムで定期捜査をしました。

横浜フォーラムで「教会と女性」という冊子を見つけました。自分でも、「私ってどうして、こう、面白いものをみつけるのかしら」と思いつつコピーしました。

このご本をブログ紹介したいと思いますが、今は、長崎VSオランダを載せておきたいので、メールで少しずつご照会します。

この冊子、「教会と女性-第二十一集 聖書・キリスト教・同性愛 2007」は、日本キリスト教団神奈川教区性差別問題特別委員会、同教区婦人問題省委員会が発行したものです。同教団内の女権イデオロギー勉強会の紹介です。この冊子は同性愛が主なるテーマみたいです。

キリスト教の信徒は日本でたった1%しかいません。キリスト教の女権活動が日本にどの程度の影響を及ぼすかについては、全くわかりません。しかし、日本の女権の大元締めの一つは、キリスト教婦人矯風会です。ここの役員らが内閣府等、政治、行政に発言力を持ち、国内外の女権活動家のネットワークの要となっています。

また、西野瑠美子のWAM、あの慰安婦記念館は、西早稲田のキリスト教会の敷地にあります。日本キリスト教団です。韓国の挺対協はキリスト教の教会がやってます。挺対協の協同代表の一人、シン・ヘスは、DVの活動家です。

キリスト教の信徒は日本でたった1%しかいません。キリスト教の女権活動が日本にどの程度の影響を及ぼすかについては、全くわかりません。しかし、日本の女権の大元締めの一つは、キリスト教婦人矯風会です。ここの役員らが内閣府等、政治、行政に発言力を持ち、国内外の女権活動家のネットワークの要となっています。

キリスト教のおかま論争(同性愛擁護運動とその反対運動)は、キリスト教内のフェミニスト神学なる論争の中の、一分野です。

フェミニスト神学については、林道義先生とか西尾幹二先生のほうがお詳しく、また、正確に説明してくださると思いますが、ここは私流にごく、簡単に説明します。

この分野にも、世俗の女権活動と全く同じものがありますが、キリスト教で粉飾されているわけです。言葉狩りの一つを紹介します。

「父なる神」「天にまします我らの父よ、願わくば…」という呼びかけが、父権的、男性優位、神様が父とは限らない ということになり、さりとて、母なる神も不公平、そこで、「親
なる神」「天にまします親なる神」と言おうという運動。英語では「ファーザー、マザー」と呼びかけたりする人も出現しているらしい。

ここで一神教じゃないじゃないか、という「矛盾」に教会内で信徒が遭遇するわけ。すると、一神教の一とは、整数の一とは限らない。一とは、0.5と0.5で一、とか、0.25+0.25+0.25+0.25=1とか、そういう、ウルトラ理窟が出て、ファアーとマザーで一、だって、これこそ一体、神様がアダムとエバで一体だと言ったじゃないか、と女権クリスチャンがその場を切り抜けたりするわけ。


聖書には同性愛をしては、いけません、いけません、と何回か出てきます。そこを何とかかわして、聖書の文言を否定的に批判したり、或いは、解釈でもって「広義に捉えれば同性愛は神に許されている」とか、「結婚してもよい」としたりしています。憲法9条を解釈でもって、自衛隊をイラクやアフガンに派遣したりするでしょう。あれに似てます。

今日は、冊子の内容を紹介する前に、聖書に同性愛が出てくる箇所を少しご紹介します。題してキリスト教会おかま論争基礎知識。


①旧約聖書創世記 ソドムとゴモラ
下記URLに有名なソドムとゴモラの話がでてきます。

http://userdisk.webry.biglobe.ne.jp/001/904/04/N000/000/001/123220120407316330860_kyu025sou19.01-29.jpg
http://userdisk.webry.biglobe.ne.jp/001/904/04/N000/000/001/123220123436416413031_kyu026sou19.01-29.jpg
http://userdisk.webry.biglobe.ne.jp/001/904/04/N000/000/001/123220128086916330970_kyu027sou19.01-29.jpg


聖書の同性愛となると頭に「ソドム」「ゴモラ」の名前が浮かび上がるほど有名ですが、ご覧のように、同性愛の話などでてきません。
しかし、時代がずっと下って、新約聖書「ユダの手紙」一章18節~32節では、ソドムとゴモラの罪が、みだらな行い、不自然な肉の欲などだ、ということになっているのです。

http://userdisk.webry.biglobe.ne.jp/001/904/04/N000/000/001/123220145383816207069_sin450yuda007.jpg


DV防止(家族破壊)法犠牲家族支援の会代表
野牧雅子
スポンサーサイト

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

Copyright ©老兵の独り言. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。