老兵の独り言

八尾市をはじめとする全国での左翼情報チェックと真正保守の陣営拡大を願っています。 国連をはじめとする人権条約を基礎とする国内法の点検と法破棄運動も行っています。

CalendArchive

日本の時間

転職サイト『しごとナビ』
キャラクター【ナビちゃん】

プロフィール

老兵

Author:老兵
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

お勧め書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

フリーエリア

フリーエリア

FC2カウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

FC2カウンター

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

日本の歴史も知らない日本人を育成してなんとも思わない文科省、教育委員会にほとほと呆れるばかりです。

まず第1弾は、全国で必須にすべきです。
第2弾が国民の立場で書かれた教科書です。
日本のことを知らない日本人は「国際人」とは通用しないでしょう。


◆高校の日本史、広がる必修化 理数系でも国際人の「教養」

 (産経 2009/2/11)


 ■日本人としての誇り持たせる


 高校の学習指導要領で選択科目とされている日本史を必修化する動きが広

がっている。横浜市は平成22年度から全市立高校での必修化を発表し、理

数系新設校では国際的に活躍する科学者の「教養」として今春から先行実施。

神奈川県立高校では25年度から必修化される。いずれも郷土史に重点を置

き、自国の文化や歴史を発信する基礎力を育て、日本人としての誇りを持た

せる教育が目標だ。今日は建国記念の日。歴史をどう教え学ぶか課題を探った。



 ■独自の新科目も


 4月に開校する横浜市立横浜サイエンスフロンティア高校(横浜市鶴見区)

では、「日本史A」を必修科目として2年次に履修させる。教科書の内容に

加えて、横浜検疫所に勤めていた野口英世にスポットを当てたり、外部講師

による講話や科学史など、独自の内容を盛り込む予定だ。



 理数教育に重点を置く同校では、日本史を「国際的に活躍する科学者、技

術者としての教養」と位置づける。内田茂・開設準備担当部長は「日本人が

世界と競争して現在の地位を獲得したことを理解させ、優秀な先人の知識、

技術を継承するプライドを持ってもらいたい」と話す。



 25年度から全県立高校で必修化する神奈川県教委では、「日本史A」

「日本史B」を選択しなかった生徒に、県独自の新科目「郷土史」「近現代

史」のうち1科目を履修させる。



 新科目では郷土に関連する内容を取り扱い、県立図書館や歴史博物館など

と連携した課題追究研究、作業的・体験的学習、研究発表など、生徒が主体

的に取り組む内容を中心に構成。「学んだことを自分の言葉で表現できる力

を養う」(県教委)という。



 ■教科書改善も必要


 日本史必修化をめぐっては、18年9月に神奈川のほか東京、千葉、埼玉

の1都3県の教育長が連名で必修化を求める要望書を文部科学相に提出した。

背景にあるのは、神奈川県や横浜市で約3割の生徒が高校で日本史を学ばず

に卒業するという、履修率の低さだ。



 「友好提携都市との交流事業などで海外に行き、そこで日本のことを説明

できなかった生徒もいる」と神奈川県教委。国際交流が活発化する一方で、

高校生の日本に対する「理解不足」が表面化しており、県教委は「海外で日

本について語れることが、日本人として誇りを持つことにつながるのでは」

と期待する。



 日本史教育に詳しい福岡県立高教諭の占部賢志氏は「日本人としてのアイ

デンティティーを学び、さらに異文化交流の歴史を教えることで、国際的視

野を持った日本人を育成することが大切だ」と、必修化の意義を強調。その

一方で、「教科書の内容を現行の3倍程度に増やし、史実の詳細を描き込む

ことで、イデオロギーが入る余地をなくしてほしい」と教科書の改善の必要

性も指摘する。



 横浜市立中教諭で「先生、日本のこと教えて」の著書がある服部剛氏は

「必修化が他の都道府県にも波及してほしいが、必修化だけでは手放しで喜

べない。学ぶべきは日本人からみた日本の歴史であり、国民の立場で書かれ

た日本史の教科書が必要だ」と話している。
スポンサーサイト

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

Copyright ©老兵の独り言. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。