老兵の独り言

八尾市をはじめとする全国での左翼情報チェックと真正保守の陣営拡大を願っています。 国連をはじめとする人権条約を基礎とする国内法の点検と法破棄運動も行っています。

CalendArchive

日本の時間

転職サイト『しごとナビ』
キャラクター【ナビちゃん】

プロフィール

老兵

Author:老兵
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

お勧め書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

フリーエリア

フリーエリア

FC2カウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

FC2カウンター

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

数年前のことです。
気楽な派遣社員がこう言ってました。
「派遣のほうが責任も軽くていいし、いい仕事(会社)でもみつかれば正社員も考えますけど」

夫婦そろって派遣とパートで生活する お気楽な人でした。

派遣のままで居なさいと……、周囲がお願いしてるわけでもないのに。

2009.02.18    編集

派遣と契約社員はまったく別ものでしょう。奥谷って人 結局 派遣社員が契約社員だったら当然自分の賃金にすべき金をピンハネして金儲けしてきた人だよね。自分がピンハネできなくなるからって、余りにも見え透いたウソついたらだめだよ。
派遣が本当に働く人にとって必要な労働形態なのは、専門的な技術がある人たちだけだと思うよ。季節工なら、ピンハネなしで会社が雇用できるし、お気楽な仕事がいいならアルバイトもあるんだから。一般的な製造業の派遣は、結局は低賃金で、しかもいつでも首切りができる調整弁の役割でしかないよ。ピンハネの元締めがいっぱしの経営者みたいな発言するの許せないな。

2009.02.18    編集

このお婆さんはアムウェイを素晴らしい仕事と褒めていらっしゃいました。派遣業が不振になりそうな現在、ご自分のお会社(勿論派遣業です)を含めた業界を国に守ってもらおうとお考えのようです。派遣社員から30%もピンハネなさってるのにねえ。自己責任で努力なされば良いのにねえ。

2009.02.19    編集

お若い方は知らないでしょうが派遣というシステムは昭和の時代からあります。
期間、季節社員も派遣会社から派遣されます。

2009.02.19    編集

若いから分からないのですが
昭和の時代には「タコ部屋」もありましたよね。

季節工 期間工も派遣会社から派遣されるのも、法制化以前からあったのですか?なら、法制化はなんのためですか?
奥谷という方は、ピンハネすることで贅沢なくらしをしてたのでしょう?ホワイトカラーエグゼプションでも、積極的な推進者でしたよね。どんだけ、人様の金をピンハネすれば満足するのでしょうね。

2009.02.20  ライオン丸  編集

デパート、小売り業界にも派遣はあります。派遣という言葉が流行語のように扱われてるようです。
ピンハネとは言葉が悪いです。
業界にもよりますが
適性利益を確保しなければ会社は倒産します。かわいそう、ピンハネとか言う方は資本主義社会ではむいてないのでしょう。
己の実力もかえりみず、かわいそうな「自分」 を生きるなら永久に
かわいそうな自分になります。

2009.02.21    編集

若くても、小売業界に派遣があることは知っています。以前より、メーカーの側から、自社のブランド製品の販売のためにデパートなどで働いておられる方はいらっしゃましたし、いらっしゃいます。今、私がお尋ねしているのは、季節工にしろ、小売りの場合にしろ、派遣法が制定される以前より、合法的に「派遣」がなされていたのかと尋ねています。
最後の方で、本音を吐露されていますが、あなたの主張は企業が適正(?)利潤をあげるためには、派遣制度は必要で、派遣をするような人間は実力がないのだから、低賃金でも、なんのセイフティーネットが整備されていない現状で企業の都合で解雇されるのは当然であるということですね。また、脱法的な方法で、3年を待たずして、契約を解除し、その後再契約し正社員として雇用する義務を逃れることも、当然のことだと主張されるのですね。
解雇されて不満や不安を訴えるのは「かわいそう」な自分を生きることになるから、それも我慢して自分の実力にそって、資本主義社会で生かしてもらえるように自助努力をしなさいというわけですね。
さすがに、年長者の考えは、深いですね。

2009.02.21    編集

合法でなければ、従来の派遣業は非合法なのですか?おかしな愚問です。
一部の企業の不正により派遣法が立法されたからといって、解釈が飛躍しすぎです。
自分で開拓していく、スキルをあげる、正しい見識を身につける、それが己の実力となります。本音ではなくて、あたりまえです。
私は他人から かわいそう と言われたら逆に憤慨し益々闘志が湧きます。
かわいそう と言ってくれた人々が一生
己の生活の面倒をみてくれますか?
子供のような甘ったれた大人はどこへ行っても同じ過ちをおかすでしょう。
私も最底辺から、はい上がってきた者です。虚無な理想論、虚しいヒューマニズムは人間を駄目にします。

2009.02.21    編集

テロを肯定するわけじゃありませんが、戦前の右翼は己一人肥え太る財閥に、天誅など加えていましたね。

今時の、自称「真生保守」の、すり寄ること、すり寄ること。

2009.02.21  さすが、さすが  編集

なかなかお答えいただけませんね。合法でないならば、非合法で
あったことおかしいですか?少なくとも、現在の派遣法によって定義されている「派遣」は、立法化以前は、労働者保護のために禁止されていたのではありませんか?そして、あなたのように学識があり、専門的な技術を有して、なおかつ健康な肉体をお持ちの方には、理解できないかもしれませんけど、奮闘し闘志が湧いて「自助努力」のみで経済的に安定した地位を獲得できるような方でしたら、それは、あなたの人生訓や信条として否定するものではありません。尊敬もされましょう。しかし、社会のシステムとして、低賃金で、不安定な雇用条件で、働いている人たち全員が、高賃金、安定の雇用を得ることはあり得ないのですよ。あなたがご指摘の通り資本主義のシステムなのですから。だからこそ、社会政策、労働政策が必要なわけでしょう。かわいそうだとか、同情だとか、そんなことではありません。システムが破綻しているのは明らかです。なんらかの対応をするのは、国家として当然のことなのです。あなたが最底辺からはいあがってきたからといって、はいあがれる枠はかぎられているのではありませんか?はい上がりたくても、はい上がれない人がいる。今、問題になっているのは、そのことではありませんか?

2009.02.21    編集

こんにちわ。小次郎です
いままで給料があったのに、貯金もスキルアップもしていなかったというのは確かに怠けてましたね。
また来ます

2009.03.08  小次郎(視力回復訓練中)  編集

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

【坂本政務官】についてブログの検索結果をまとめると…

坂本政務官 についてブログの検索結果をまとめると… …

最新キーワードチェック!・2009.02.21

【坂本哲志総務政務官】についてブログの検索結果をまとめると…

坂本哲志総務政務官 についてブログの検索結果をまとめると… …

最新キーワードチェック!・2009.03.14

TB*URL

日本再生ネットワークGより転載しています。
ご紹介する値打ちのある論考です。


派遣切り・「社会が悪い」は本末転倒
 (Voice連携企画 2009/2/16)

 http://news.goo.ne.jp/article/php/business/php-20090216-04.html


奥谷禮子・人材派遣会社ザ・アール社長


■坂本政務官の言葉は正論


 金融危機の影響を受けて名だたる日本企業が赤字に転落し、「派遣切り」

のニュースが世間を賑わわせている。しかし、その報道姿勢はまったくおか

しい。かわいそうと煽り立てるだけで、彼らを「被害者」として持ち上げて

いる。



 「派遣社員」とは要するに契約社員のことで、かつてから季節工や期間工

と呼ばれる存在であった。そして、その契約期間がいつ終わるかは、契約を

結ぶ初めの段階から明らかになっている。



 そこで契約更新にならない可能性が少しでもあるならば、契約社員を続け

ながら、不測の事態に備えておくべきではなかったか。たとえば、しっかり

貯金をする。「お金が三○○円しかありません」という声を聞くたび、どう

してあのような状況が生まれるのか不思議に思う。毎月の給与からたとえ一

万円ずつでも貯金していけば、三年間で三六万円。そのくらいの蓄えがあれ

ば、最低でも次のアパートを探すくらいはできるはずではないか。



 あるいは、契約社員ではなく正社員をめざしてスキルアップし、自らの付

加価値を高める。いま企業が欲しがるもっとも大きな財産は「人」だ。私が

経営する派遣会社「ザ・アール」で派遣社員として採用した人も、優秀であ

ればあるほど他企業に引き抜かれてしまう。



 つまりはその辺りの認識と準備が、いま「派遣切り」に遭っている人には

足りなかったといわざるをえない。そういう自己防御があったうえで、それ

でもどうしようもない部分については、行政がどうする、企業がどうする、

という話になるはずだ。元派遣社員に引き続き寮への入居を許している企業

もあるようだが、それは企業の「善意」であって、「義務」ではない。「景

気の影響で仕事がなくなり、住むところを失った。企業が悪い。社会が悪い」

と騒ぐのは本末転倒である。



 このグローバリゼーション下で日本企業は必死に戦っている。バブル崩壊

前までに蓄積された過剰投資、過剰雇用、過剰設備投資、つまりは現在の米

国のビッグスリーと同じような状況をどう緩和させるか、ということに各社

は心血を注いできたのだ。



 コスト部分についてかなりシビアになっているなかで、今回のような危機

が発生したとき、派遣社員の調整によって人件費を削減しようとするのは当

然ではないだろうか。



 驚くべきは年末年始に「派遣村」に集まった五○○人のうち、生活保護を

希望していた二七二人全員に受給決定が出たことである。手取り一七万円を

受け取って、保険もすべてタダという状況で、働く意欲が彼らに生まれるの

だろうか。



 本来ならば、新しい仕事を探すために手当を与えるというやり方がとられ

るべきで、その場凌ぎの解決策では結局、モラルハザードが生まれるだけで

ある。甘やかしは彼ら自身を不幸にしてしまうのだ。



 一般市民にしても、安易に生活保護を選択する人のために税金が使われる

のは、納得がいかないだろう。坂本哲志総務政務官が「あの人たちは本当に

真面目に働こうとしている人たちか」といってバッシングを受け、すぐに撤

回したが、その言葉は正論である。



■「ロスジェネ」はただの言葉遊び


 今回、いわゆる「失われた十年」の就職氷河期に社会へ出た「ロスト・ジ

ェネレーション」の多くが市場からはじき出されて非正規雇用に回り、その

人たちが金融危機で悲惨な目に遭っている、という議論もあるようだ。



 しかしこれも、私にいわせれば考え違いである。そもそも「ロスト・ジェ

ネレーション」といってもその期間は十年間あったのだから、そのあいだに

いろいろ努力ができたはずだ。初めの入り口は厳しかったかもしれないが、

その後、いくらでもリカバリーショットが打てたはずである。



 私のなかで「ロスジェネ」とは、たんなる言葉遊びでしかない。ロスト・

ジェネレーションの「ロスト」は社会ではなく、むしろ自分たちのなかの

「ロスト」なのではないか。



 あるいは、この不景気を受けて各企業の内定取り消しが続き、このまま行

けば第二の就職氷河期が到来して新たなロスト・ジェネレーションが生まれ

るのではないか、という声もある。しかし、これもおかしな議論だ。団塊世

代の引退などもあって、現在、若年労働力はかなり不足している。ただ若い

というだけで、それはとても貴重な戦力なのだ。



 たとえ一社から内定取り消しを受けたからといって、その会社にしがみつ

かずとも、分野を変えればいくらでも自分を重宝してくれる企業があるはず

ではないか。



 ユニクロやロフトが契約社員の正社員化を進めた時期があったが、ひとえ

にそれもよい人材を抱え込むためだ。学生やその両親も含めて、既存のブラ

ンドに寄り掛かる、という価値観自体をそのためには変えていくべきだろう。



 聞くところによれば、いま内定取り消しを行なった企業はわざわざ学生に

違約金を払っているという。しかしかつてはバブル期に内定を五つも六つも

もらいながら、平気でそれを蹴った学生が数知れなかったのではなかったか。

学生が内定を勝手に取り消すことには何のバッシングもしなかったのに、い

ま企業だけをバッシングするのはアンフェアである。



 内定取り消しに対するさらなる議論は、「正社員の既得権益を守るためで

はないか」というものだ。これに関しては正しい面があろう。これまで連合

は、いかに正社員の賃金を守るか、というその一点でしか行動してこなかっ

た。その結果、八○○万人のパート労働者、三○○万人の派遣労働者の存在

が無視されつづけた。



 今回、御手洗冨士夫日本経団連会長が「ワークシェアリング」に言及した

とき、連合の高木会長は歓迎の意を示したが、これも誰と誰のワークシェア

リングかということだ。そのなかに非正規雇用は含まれていないだろう。



 連合はまた、「働く」ということをすべてお金という一面でしか捉えてこ

なかった。「働く側の価値観」が多様化しているのに、どうやって個人に付

加価値を付けていくのか、具体的には教育や人事制度をつくりあげていくの

か、という側面を見落としたのである。付加価値を付けて質の高い人材を作

り上げれば、それだけ高い給料を得ることができる、という因果関係にも無

頓着であった。



■規制強化という大間違い


 そういう意味で、今回の金融危機は日本の雇用形態の変遷と背景を振り返

り、そして未来へのビジョンを作り直す機会であるともいってよいだろう。



 かつて日本にあったのは無職と正社員というカテゴリーだけで、そのあい

だには何も存在していなかった。そこからアルバイトやパートというカテゴ

リーが現れ、さらには派遣という機能が登場した。それは先述した「働く側

の価値観」の多様化と軌を一にしていた。



 たとえば核家族で子育てを両親に任せられず、正社員という責任感を抱え

込むこともできない女性に働き口を提供した。あるいは、ある資格を取るた

めに勉強時間を確保せねばならず、正社員として働くことは難しいけれど、

必要最低限の稼ぎは確保したいと考えている男性の力になった。



 つまり派遣社員の増加はある意味で、社会的な潮流であったのだ。たしか

に正社員の既得権を守るため、ロスジェネが憂き目を見た面もあったかもし

れない。しかし多くの人々は個人の選択において、主体的に派遣という働き

方を選び取ったのである。



 その流れの延長上で、少し前までは、硬直化した終身雇用制度を脱却し、

ある会社を辞めても次に転職できるような労働市場をつくろう、そうやって

個人を幸せにしながら日本経済を活性化しよう、という流れがあったはずだ。

それが金融危機の影響でうやむやになって、なぜなのか派遣労働の規制をど

のように行なうか、という議論が行なわれようとしている。再びすべてを正

社員にして終身雇用の時代に戻るのだろうか。厳しい解雇規制を足かせにし

ながら、これからの国際社会を日本企業は戦っていくのだろうか。



 そもそもこの不景気が十年も続くわけはないだろう。なぜ短期的な視点に

とらわれ、正しいと思った方向を貫き通すことができないのか。またあらゆ

る面で、小泉改革はダメだったという議論が行なわれ、規制緩和よりも強化

が優先だといわれるが、それは本当に日本が進むべき方向なのか。



 たとえば農業にしても、本当にそこで一○○万人の雇用創出を考えている

のなら、農地法、農協改革などに対して徹底的な規制緩和を行ない、大企業

が参入できるような体制づくりを急ぐべきではないだろうか。まだまだ規制

緩和は緒に就いたばかりで、これからさらに細かい部分を含めて、徹底的に

改革を進めねばならない。



 巨人トヨタが赤字に転落するなど、産業構造が大きく変わるなかで、いま

政治が考えるべきは「新しい産業創出」であり、そのためのビジョンである。

そこで必要となるのが規制緩和か、それとも強化か、もう一度、政治家は考

えてみるべきだろう。



 選挙を気にして「格差を縮めよ! 弱者救済!」と叫んだり、定額給付金

を「もらいますか? もらいませんか?」などという議論に終始している状

況はナンセンスである。



 目先の情勢に惑わされず、改革を進めるべきは進め、そのトレードオフと

してセイフティネットをつくり、はっきりとしたビジョンを示す。そのため

の気概がいまこそ、日本政治には求められている。
スポンサーサイト

コメント

数年前のことです。
気楽な派遣社員がこう言ってました。
「派遣のほうが責任も軽くていいし、いい仕事(会社)でもみつかれば正社員も考えますけど」

夫婦そろって派遣とパートで生活する お気楽な人でした。

派遣のままで居なさいと……、周囲がお願いしてるわけでもないのに。

2009.02.18    編集

派遣と契約社員はまったく別ものでしょう。奥谷って人 結局 派遣社員が契約社員だったら当然自分の賃金にすべき金をピンハネして金儲けしてきた人だよね。自分がピンハネできなくなるからって、余りにも見え透いたウソついたらだめだよ。
派遣が本当に働く人にとって必要な労働形態なのは、専門的な技術がある人たちだけだと思うよ。季節工なら、ピンハネなしで会社が雇用できるし、お気楽な仕事がいいならアルバイトもあるんだから。一般的な製造業の派遣は、結局は低賃金で、しかもいつでも首切りができる調整弁の役割でしかないよ。ピンハネの元締めがいっぱしの経営者みたいな発言するの許せないな。

2009.02.18    編集

このお婆さんはアムウェイを素晴らしい仕事と褒めていらっしゃいました。派遣業が不振になりそうな現在、ご自分のお会社(勿論派遣業です)を含めた業界を国に守ってもらおうとお考えのようです。派遣社員から30%もピンハネなさってるのにねえ。自己責任で努力なされば良いのにねえ。

2009.02.19    編集

お若い方は知らないでしょうが派遣というシステムは昭和の時代からあります。
期間、季節社員も派遣会社から派遣されます。

2009.02.19    編集

若いから分からないのですが
昭和の時代には「タコ部屋」もありましたよね。

季節工 期間工も派遣会社から派遣されるのも、法制化以前からあったのですか?なら、法制化はなんのためですか?
奥谷という方は、ピンハネすることで贅沢なくらしをしてたのでしょう?ホワイトカラーエグゼプションでも、積極的な推進者でしたよね。どんだけ、人様の金をピンハネすれば満足するのでしょうね。

2009.02.20  ライオン丸  編集

デパート、小売り業界にも派遣はあります。派遣という言葉が流行語のように扱われてるようです。
ピンハネとは言葉が悪いです。
業界にもよりますが
適性利益を確保しなければ会社は倒産します。かわいそう、ピンハネとか言う方は資本主義社会ではむいてないのでしょう。
己の実力もかえりみず、かわいそうな「自分」 を生きるなら永久に
かわいそうな自分になります。

2009.02.21    編集

若くても、小売業界に派遣があることは知っています。以前より、メーカーの側から、自社のブランド製品の販売のためにデパートなどで働いておられる方はいらっしゃましたし、いらっしゃいます。今、私がお尋ねしているのは、季節工にしろ、小売りの場合にしろ、派遣法が制定される以前より、合法的に「派遣」がなされていたのかと尋ねています。
最後の方で、本音を吐露されていますが、あなたの主張は企業が適正(?)利潤をあげるためには、派遣制度は必要で、派遣をするような人間は実力がないのだから、低賃金でも、なんのセイフティーネットが整備されていない現状で企業の都合で解雇されるのは当然であるということですね。また、脱法的な方法で、3年を待たずして、契約を解除し、その後再契約し正社員として雇用する義務を逃れることも、当然のことだと主張されるのですね。
解雇されて不満や不安を訴えるのは「かわいそう」な自分を生きることになるから、それも我慢して自分の実力にそって、資本主義社会で生かしてもらえるように自助努力をしなさいというわけですね。
さすがに、年長者の考えは、深いですね。

2009.02.21    編集

合法でなければ、従来の派遣業は非合法なのですか?おかしな愚問です。
一部の企業の不正により派遣法が立法されたからといって、解釈が飛躍しすぎです。
自分で開拓していく、スキルをあげる、正しい見識を身につける、それが己の実力となります。本音ではなくて、あたりまえです。
私は他人から かわいそう と言われたら逆に憤慨し益々闘志が湧きます。
かわいそう と言ってくれた人々が一生
己の生活の面倒をみてくれますか?
子供のような甘ったれた大人はどこへ行っても同じ過ちをおかすでしょう。
私も最底辺から、はい上がってきた者です。虚無な理想論、虚しいヒューマニズムは人間を駄目にします。

2009.02.21    編集

テロを肯定するわけじゃありませんが、戦前の右翼は己一人肥え太る財閥に、天誅など加えていましたね。

今時の、自称「真生保守」の、すり寄ること、すり寄ること。

2009.02.21  さすが、さすが  編集

なかなかお答えいただけませんね。合法でないならば、非合法で
あったことおかしいですか?少なくとも、現在の派遣法によって定義されている「派遣」は、立法化以前は、労働者保護のために禁止されていたのではありませんか?そして、あなたのように学識があり、専門的な技術を有して、なおかつ健康な肉体をお持ちの方には、理解できないかもしれませんけど、奮闘し闘志が湧いて「自助努力」のみで経済的に安定した地位を獲得できるような方でしたら、それは、あなたの人生訓や信条として否定するものではありません。尊敬もされましょう。しかし、社会のシステムとして、低賃金で、不安定な雇用条件で、働いている人たち全員が、高賃金、安定の雇用を得ることはあり得ないのですよ。あなたがご指摘の通り資本主義のシステムなのですから。だからこそ、社会政策、労働政策が必要なわけでしょう。かわいそうだとか、同情だとか、そんなことではありません。システムが破綻しているのは明らかです。なんらかの対応をするのは、国家として当然のことなのです。あなたが最底辺からはいあがってきたからといって、はいあがれる枠はかぎられているのではありませんか?はい上がりたくても、はい上がれない人がいる。今、問題になっているのは、そのことではありませんか?

2009.02.21    編集

こんにちわ。小次郎です
いままで給料があったのに、貯金もスキルアップもしていなかったというのは確かに怠けてましたね。
また来ます

2009.03.08  小次郎(視力回復訓練中)  編集

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

【坂本政務官】についてブログの検索結果をまとめると…

坂本政務官 についてブログの検索結果をまとめると… …

最新キーワードチェック!・2009.02.21

【坂本哲志総務政務官】についてブログの検索結果をまとめると…

坂本哲志総務政務官 についてブログの検索結果をまとめると… …

最新キーワードチェック!・2009.03.14

TB*URL

Copyright ©老兵の独り言. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。