老兵の独り言

八尾市をはじめとする全国での左翼情報チェックと真正保守の陣営拡大を願っています。 国連をはじめとする人権条約を基礎とする国内法の点検と法破棄運動も行っています。

CalendArchive

日本の時間

転職サイト『しごとナビ』
キャラクター【ナビちゃん】

プロフィール

老兵

Author:老兵
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

お勧め書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

フリーエリア

フリーエリア

FC2カウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

FC2カウンター

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

尖閣諸島が日米安保の共同防衛地でないならば、
日本独自の国家防衛は必需。
アメリカの傘は信頼できない。
日本の傘が必要。
領有権を他国に任せるのが間違いの基である。
日本国と台湾国で軍事同盟を結ぶことに全力をあげよう。


◆“尖閣の領有権 米は中立”

 (NHK 2009/2/28)

 http://www3.nhk.or.jp/news/k10014470661000.html#


 中国を訪れているアメリカ国防総省の高官は、28日、記者団に対し、日

中双方が主権を主張する尖閣諸島の領有権問題について「アメリカは、いか

なる立場も取らない」と述べて中立の立場を示し、双方が平和裏に解決する

よう促しました。



 尖閣諸島をめぐっては、麻生総理大臣が26日の衆議院予算委員会で、

「日本の領土である以上、日米の安保条約の対象になる」と述べたのに対し、

中国側は「中国固有の領土だ」として、強い不満を表明しました。



 これに関連して、アメリカ国防総省のセドニー次官補代理は、28日、北

京で記者団の質問に答え、「尖閣諸島の最終的な主権の問題について、アメ

リカはいかなる立場も取らない。これはアメリカの一貫した立場だ」と述べ、

中立の立場を示しました。



 そのうえで「この問題を平和的な手段で解決することを希望する」と述べ、

日中双方が平和裏に解決するよう促しました。



 尖閣諸島の問題をめぐっては、5年前、アメリカ国務省の報道官が、領有

権の問題では中立の立場を保つとしながらも、「尖閣諸島は、日本の施政の

もとにあり、日米安全保障条約が適用される」と述べています。しかし、セ

ドニー次官補代理は、日米の安保条約が適用されるのかどうかについては明

確に答えず、この問題で敏感になっている中国側に配慮を示した形です。
スポンサーサイト

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

Copyright ©老兵の独り言. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。