老兵の独り言

八尾市をはじめとする全国での左翼情報チェックと真正保守の陣営拡大を願っています。 国連をはじめとする人権条約を基礎とする国内法の点検と法破棄運動も行っています。

CalendArchive

日本の時間

転職サイト『しごとナビ』
キャラクター【ナビちゃん】

プロフィール

老兵

Author:老兵
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

お勧め書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

フリーエリア

フリーエリア

FC2カウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

FC2カウンター

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

この提供した資料の真贋は不明ですが、このような売国奴が居るのです。
売国奴の氏名は細菌戦問題専門家・近藤昭二氏


http://j.people.com.cn/94475/6616711.html より。
==============================================
日本の細菌戦問題専門家が中国に細菌戦の証拠資料を贈呈
侵華日軍細菌戦義烏展覧館ではスタッフが日本の友人から送られた日本の細菌戦
犯罪の証拠資料を整理している。関係者を組織して翻訳と分類を行い、可能な限
り早く国内外のメディアと一般大衆に向けて展示できるようにする。これらの史
料は500点以上あり、日本の細菌戦問題専門家・近藤昭二氏から郵便で送られた
ものだ。その一部は近藤氏がここ数年、自費で米国国立公文書館から集めた日本
の細菌戦の史料だ。浙江省義烏は当時の旧日本軍の細菌戦で最も深刻な被害を受
けた場所で、1940年から1942年の間に旧日本軍の1644部隊と731部隊は浙江省義
烏でコレラ菌や腸チフス菌、ペスト菌による攻撃を何度も行い、義烏では1314人
が亡くなった。この貴重な史料は第二次世界大戦の期間に旧日本軍が中国で細菌
戦を大規模に実施した罪状を証明、研究する上で有力な証拠となる。(編集YH)

 「人民網日本語版」2009年3月18日
スポンサーサイト

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

Copyright ©老兵の独り言. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。