老兵の独り言

八尾市をはじめとする全国での左翼情報チェックと真正保守の陣営拡大を願っています。 国連をはじめとする人権条約を基礎とする国内法の点検と法破棄運動も行っています。

CalendArchive

日本の時間

転職サイト『しごとナビ』
キャラクター【ナビちゃん】

プロフィール

老兵

Author:老兵
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

お勧め書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

フリーエリア

フリーエリア

FC2カウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

FC2カウンター

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

何事も最後の詰めが大事です。
戦いはこれからです。皆さまのご協力をお願いするものです。

【外登証・反響】手をゆるめてはならない理由

19日の産経新聞の報道中、

“日本政府は昭和47年の日中国交正常化以後、台湾を国として
承認せず、「政令で定める地域の権限のある機関の発行した文書」
として、台湾政府とパレスチナ自治区発行の旅券を認めてきた。
パレスチナは平成19年に外国人登録証の「パレスチナ」表記を
認めたが、台湾だけは「中国」表記のままだった。”

とある。

出入国管理及び難民認定法第二条第五号ロの地域を定める政令
(平成十年五月二十二日政令第百七十八号)
http://law.e-gov.go.jp/htmldata/H10/H10SE178.html

には、

“出入国管理及び難民認定法第二条第五号ロの政令で定める地域
は、台湾並びにヨルダン川西岸地区及びガザ地区とする。”

とある。

つまり、内閣は、その政令で「台湾」、「ヨルダン川西岸地区及
びガザ地区」という地域に言及し、平成十年以降、日本は台湾政
府発行の旅券を認めている。

報道によれば、平成十九年に、外国人登録証では「パレスチナ」
表記を認めたという。

台湾については、上記のように、日本の法令に、台湾が中国の一
部ではないことが示されている。

本来であれば、上記政令の制定に合わせて、外国人登録証での表
記も「台湾」に改正されるべきであった。

台湾人の国籍表記を中国としているのが、法務省の過去の通達で
あったとしても、上記、内閣による政令と矛盾した場合、法令の
序列からして、政令が優先される。

外国人登録証での台湾の扱いは、矛盾であり、あまりにひどかっ
たのである。

なぜこのような、明らかな矛盾が、機会が何度もあったのに、改
正されずに放置されたのか。

中国の隠然たる脅迫の存在と、それに従って、正義に背く裏切り
者がいたとしか考えられない。

中国がそれほどまでに影響力を行使しているとなれば、われわれ
も楽観視は出来ない。

正しい措置が行われることが確定するまで、手を緩めてはならな
いのである。

==========================================================

【21日街頭署名】戦いはこれから!中国の反発許すな

中国の反発で後退するな!
在日台湾人の国籍は断固「台湾」に!
21日の新宿での署名活動に協力を!

本19日の産経新聞によると外国人登録を廃止し在留カードへの
移行を定める出入国管理法改正案が今国会で提出されているが、
これによって在日台湾人の国籍が従来の「中国」から「台湾」に
改められる見通しになっているが、その一方で中国政府の反発が
予想され、「与野党の対応」が問われそうだという。また「台湾」
との記載は出入国管理法によって定められるのか、法務省令、総
務省令によって定められるのかは決まっておらず、中国の干渉も
考えられる。

戦いはこれからだ! これまでの努力を水泡に帰させてはならな
い!

私たちはこれからも「台湾」に改めることを求める署名活動を引
き続き展開し、「中国の反発で後退するな!国民の声を届けよう」
と訴える。

台湾の声編集部

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

21日、台湾正名街頭署名活動 (参加者を募っています!) 

日時 3月21日(土)午後1時半~3時半 
場所 JR新宿駅西口
主催 台湾の声編集部、日本李登輝友の会、台湾研究フォーラム
問い合わせ 090-4138-6397永山

==========================================================

スポンサーサイト

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

Copyright ©老兵の独り言. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。